MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Webデザイナーとは?仕事内容・なる方法・キャリアパスについて解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webデザイナーとは?仕事内容・なる方法・キャリアパスについて解説
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)

Webデザイナーは、近年需要がますます高まっている注目の職業です。

「Webデザイナーって具体的にどんな仕事なの?」「未経験でもなれるの?」「将来はどんなキャリアパスがあるの?」など、疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Webデザイナーの仕事内容、なるための方法、そして将来のキャリアパスについて詳しく解説します。

Webデザイナーを目指す方はもちろん、Webデザインに興味がある方にとっても役立つ内容となっています。

ぜひ最後まで読み進めて、Webデザイナーという仕事について理解を深めてください。

さすけ

ぜひご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Webデザイナーとは?

Web業界の職種 作業系の職種 Webデザイナー
スクロールできます
職種名Webデザイナー
年収300~400万円
主な仕事内容デザインラフの作成
デザインコーディング
デザインの修正・調整
必要なスキルデザインスキル
コーディングスキル
コミュニケーションスキル

Webデザイナーは、その名の通りWebサイトのデザインを行う職種です。Webサイトの制作の配色レイアウトフォントなど、デザインに関することは全て担当します。

Webサイトのコーディングを行うことも求められ、Webサイトの使いやすさや見やすさなどを意識してデザインする必要があります。

Webサイトを運用する目的に沿って、仕事内容を変える必要があるため、企業によってデザイン方法などは異なります。

さすけ

Webサイトには「流行」があるので、常に最新トレンドを追いかけることが大切です!

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

Webデザイナーの主な仕事内容

Webディレクター_素材02

Webデザイナーの仕事は、Webサイトを制作することです。主な業務は「ページの見た目をデザインすること」です。具体的には、以下の3つの分野で活動します。

Webデザイナーの主な仕事内容
  1. 企画・ヒアリング
  2. Webデザイン
  3. コーディング作業
さすけ

順番にご紹介します!

企画・ヒアリング

クライアントの要望を丁寧にヒアリングし、目標達成のためのWebサイト企画を立案します。

具体的には、ターゲット層、サイトの目的、機能、デザインイメージなどをヒアリングし、クライアントのニーズを正確に把握することが重要です。

その後、ヒアリング内容に基づいて、サイトマップやワイヤーフレームを作成し、全体の構成を設計します。

Webデザイン

汎用_53

ワイヤーフレームやラフスケッチをもとに、ロゴ、バナー、アイコン、イラストなどの制作を行います。

色彩、フォント、レイアウトなどを調整し、視覚的に訴求するデザインを作成することが重要です。

近年では、スマートフォンやタブレット端末にも対応したレスポンシブデザインが主流となっており、幅広い画面サイズで最適な表示ができるようにデザインする必要があります。

デザインツールとして、Photoshop、Illustrator、Figmaなどを使いこなすスキルが求められます。

Web業界について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

コーディング作業

デザインしたWebサイトを、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を用いてコーディングします。

コーディングスキルがない場合は、制作会社に依頼することも可能です。 ただし、コーディングの基礎知識があると、デザインの意図をより正確に反映することができます。

Webデザイナーは、デザインだけでなく、ユーザビリティやサイトの目的を考慮しながら制作します。流行の技術にも常に対応し、スキルを磨くことが求められます。

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

Webデザイナーの特性・向き・不向き

汎用_95

Webデザイナーに向いてる人・向いてない人の特徴はこちらをご覧ください。

向いてる人向いてない人
創造性豊かな人
技術力のある人
コミュニケーション能力の高い人
地道な作業が苦手な人
責任感がない人
変化に弱い人

Webデザイナーは、やりがいのある仕事ですが、同時に多くの責任を伴う仕事でもあります。自分の性格や能力をよく理解した上で、Webデザイナーを目指すかどうかを判断することが重要です。

もし、Webデザイナーに向いているかどうか分からない場合は、Webデザインのスクールに通ってみるのも良いでしょう。

さすけ

現時点で向いてない要素があっても、努力次第でなんとかなりますよ!

Webディレクターの魅力・やりがい

汎用_91

Webディレクターの魅力・やりがいはこちらの3つです。

  • 成果物の具現化:Webデザイナーは、自分のアイデアを実際のWebサイトやアプリケーションに反映させることができます。完成したサイトを見ると達成感を感じることでしょう。
  • ユーザーとの関わり:デザインはユーザーに直接影響を与える要素です。ユーザビリティを向上させ、ユーザーの体験を良くすることで、多くの人々に貢献できます。
  • 技術の進歩と学習:Webデザインは常に進化しています。新しいツールやトレンドに追随し、スキルを磨ることができるのも魅力です。

Webデザイナーは、デジタル世界を美しく、使いやすくする役割を果たしています。

Webデザイナーの辛さ・しんどさ

Webデザイナーの辛さ・しんどさはこちらの3つです。

  • デッドラインプレッシャー:クライアントの要望に合わせて制作するため、プロジェクトの期限が厳しいことがあります。長時間の作業や夜遅くまでの仕事が必要な場合もあります。
  • 技術の進化:Webデザインは常に進化しています。新しいツールやトレンドに追従する必要があり、学習とアップデートが継続的に求められます。
  • クリエイティブなブロック:アイデアを出すことが難しい瞬間もあります。クリエイティブな仕事は時にストレスを感じることがあります。

Webデザイナーはやりがいのある仕事ですが、ストレスやしんどさもあることを理解し、適切なケアを心掛けてくださいね!

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

Webデザイナーが身に付けたい知識・スキル

汎用_66

Webデザイナーの仕事の範囲は広いため、多くの知識を習得しなければなりません。ですが、これまでのキャリアで身に付けたノウハウが活かせる可能性があります。

Webデザイナーが習得したい知識・スキルはこちらの10つです。

Webデザイナーが習得したい知識
  1. HTMLとCSS
  2. フロントエンドとバックエンド
  3. CMS(Content Management System)
  4. プログラミング
  5. UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスペリエンス)
Webデザイナーが習得したいスキル
  1. コミュニケーションスキル
  2. 企画力スキル
  3. ドキュメント作成スキル
  4. 情報収集スキル
  5. 情報選別スキル

IT・Web業界で必要な知識・スキルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webデザイナーの仕事の範囲は広いため、多くのスキルを身に付けなければなりません。

さすけ

あなたの足りないスキルを理解し、身に付けたスキルを伸ばしていくことで、Webデザイナーとしての活躍のチャンスを広げていきましょう!

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

Webデザイナーが取得しておきたい資格

Webディレクター_素材03

キャリアアップ・スキルアップを目指すなら、自分の興味関心やスキル・経験に合わせて、適切な資格を取得するようにしましょう。

資格を取得するだけでなく、実務経験やスキルアップのための自己学習が大切です。

スキルアップ・キャリアップするためにおすすめのWebスキル・資格はこちらの9つです。

IT・Web業界で活躍できるおすすめ資格
  1. Webリテラシー試験(Webアソシエイト)
  2. Webディレクション試験(Webディレクター)
  3. Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  4. Webクリエイター能力認定試験
  5. ウェブデザイン技能検定
  6. ネットマーケティング検定
  7. ウェブ解析士認定試験
  8. SEO検定
  9. ウェブマスター検定

転職未経験からWeb業界を目指す人は、まずはWeb関連の資格を取得することがおすすめです。

さすけ

資格取得を目指すことで、新しい技術やトレンドを学び、自分のスキル・知識を身に付けることができます!

Web関連の資格を取得を目指しながら、Web業界への転職を有利にしたり、年収アップ・キャリアアップを目指しましょう!

Web関連のおすすめ資格について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webデザイナーのキャリアパス

汎用_12

Webデザイナーから目指せるキャリアパスは、自分の興味関心やスキル・経験に合わせて、選択することができます。

大きく分けて以下の3つに分けられます。

Webデザイナーから目指せるキャリアパス
  1. Webエンジニア
  2. Webマーケター
  3. フリーランス・独立
さすけ

順番にご紹介します!

キャリアパス1:Webエンジニア

Web業界の職種 作業系の職種 Webエンジニア
スクロールできます
職種名Webエンジニア
年収400~600万円
主な仕事内容Webサイトのシステム開発
Webサイトのプログラム開発
Webサイトのテスト・デバック
必要なスキルプログラミングスキル
論理的思考力
問題解決能力

Webエンジニアは、プログラミング言語を用いて、WEBサイトのシステムの構築や開発を行う職種です。

Webサイト・モバイルサイト・ECサイトなどで使用する機能の開発やITシステム・アプリケーションなどの設計・開発、運用・保守まで、Web開発全般を行います。

Webエンジニアが活用するプログラミング言語は、 PHPJavaRubyHTMLなど、Webサイト・サービスによって異なります。

さすけ

転職する際には、あなたが習得しているプログラミング言語を明らかにする必要があります!

ですので、Webエンジニアとしては、1つでも多くのプログラミング言語を深く習得することが大切です。

キャリアパス2:Webマーケター

Web業界の職種 作業系の職種 Webマーケター
スクロールできます
職種名Webマーケター
年収500~600万円
主な仕事内容マーケティング戦略の立案・実行
ターゲットユーザーの分析
マーケティング施策の企画・実施
必要なスキルマーケティングスキル
データ分析スキル
コミュニケーションスキル
企画力
実行力

Webマーケターは、WebサイトやWebサービスの集客・分析・改善を担当する職種です。

SEOSEMSNSマーケティングなどの手法を用いて、WebサイトやWebサービスの訪問者を増やします。マーケティングスキルの向上で、より効果的なマーケティング施策を立案・実行できるようになります。

さすけ

Webマーケターを目指す場合は、スキルや経験を身につけることが重要です!

WebディレクターからWebマーケターへのキャリアパスは、以下のようなステップで進むのが一般的です。

  • Webディレクターとしての経験を積む:Webサイトの企画・設計・制作・運用・改善の各フェーズを経験することで、Webマーケティングの基礎的な知識やスキルを身につけます。
  • Webマーケティングのスキルを身につける:アクセス解析、SEO、SEM、SNSマーケティング、コンテンツマーケティング、メールマーケティングなどのスキルを身につけます。
  • Webマーケターとしての経験を積む:Webマーケティングの専門会社や事業会社への転職や、Webマーケティングのプロジェクトに参加します。

WebディレクターからWebマーケターへのキャリアパスは、比較的スムーズに転職やキャリアアップができる道といえるでしょう。

さすけ

Webマーケティングのスキルを身につけて、Webマーケターとして活躍を目指しましょう!

Webスクールに通ったり、独学で勉強したり、Web会社でインターンやアルバイトをしたりしながら、必要なスキルや経験を身につけましょう。

おすすめのWebスクールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

キャリアパス3:フリーランス・独立

フリーランス・独立のWebディレクターは、正社員と異なり、会社に属さずに、個人事業主として仕事を請け負います。

フリーランスのWebディレクターとして活躍するには、以下のスキルや経験が求められます。

  • Webディレクターのスキルや経験:企画・設計・制作・運用・改善の各フェーズにおけるスキルや経験が求められます。
  • 営業力やマーケティング力:クライアントのニーズを把握して、自らのスキルや経験をアピールする営業力や、マーケティング力が求められます。
  • 自己管理能力:スケジュール管理やタスク管理、予算管理などの能力が求められます。

仕事を振り返り、改善点を常に見直すことが大切です。

さすけ

自分に合った方法で、フリーランスとして活躍を目指しましょう!

フリーランスへの難易度を下げるには、本業をやりつつ副業を経験するのも一つの手です。

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

未経験からWebデザイナーになるパターン

汎用_56

Webデザイナーに転職するためのステップを詳しく説明します。未経験からでも可能です。

以下の3つのステップを追ってみてください。

未経験からWebデザイナーになるパターン
  1. 転職して会社員Webデザイナーになる
  2. 本業を別でやりつつ副業Webデザイナーになる
  3. 独立してフリーランスでWebデザイナーになる
さすけ

順番にご紹介します!

パターン1:転職して会社員Webデザイナーになる

Web制作会社に入って、サラリーマンとしてWebデザイナーをするパターンです。

サラリーマンなので自由度は低いものの、収入としての安定感があります。

まずは、Webデザインの基礎知識を学びましょう。デザインソフトウェア(例:Adobe XD、Figma)を使いこなすスキルを磨きます。

HTMLやCSSの基本的なコーディングスキルを身につけましょう。

パターン2:本業を別でやりつつ副業Webデザイナーになる

汎用_75

本業はWebデザイナーとは別の仕事をやりつつ、副業でデザインの案件を受けるパターンです。

作品集(ポートフォリオ)を作りましょう。自分が作成したWebサイトやバナーなどをまとめてください。

オリジナルの作品であれば架空のサイトでも構いません。

本業の収入があるぶん安心して副業に挑戦することができます。副業で経験や知識を身につけることで、今後のキャリアの幅が広がる可能性があります。

さすけ

Web制作会社に入って、Web制作関連の副業を個人でも取り組むことができれば、収入もスキルも右肩上がりです!

副業ブログについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

パターン3:独立してフリーランスでWebデザイナーになる

独立してフリーランスでWebデザイナーになるパターンです。

会社員のような安定は一切なくなり、自分で主体的に動かないと成長機会が激減します。

デザイナーという仕事柄、クライアントや制作側との円滑なコミュニケーションが求められるため、あまり自由を感じられないのが現実です。

とはいえ、案件次第では出社や社内政治が関係なくなったり会社員よりも自由度が増えたりする可能性が高いです。

さすけ

優秀なデザイナーは、社内外問わず自力で案件をバンバン獲得している印象です!

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

未経験からWebデザイナーを目指す方が確認しておきたいQ&A

未経験からWebデザイナーを目指す方が気になる質問をまとめました。

未経験からWebデザイナーを目指すのは可能ですか?

はい、可能です!

ただ、年齢が高くなるとハードルは当然上がるので、前職の経験を活かしたり、スクールで実績を積むことが大事です。

今は独学でも十分にスキルを身につけられる時代であり、本人のやる気さえあれば、就職・転職に必要なスキルは習得可能です。

未経験からWebデザイナーを目指す場合の志望動機はどのように考える?

未経験から効果的にアピールするために重要なのが業界研究です。

特にあなたが志望する職種や、志望企業を掘り下げる必要があります。

例えば、市場規模企業の将来性現状の課題最新情報などを調べておきましょう。

なぜこの企業なのかという志望動機を徹底的に考えることで、未経験であっても採用担当者に熱意が伝わるでしょう。

転職の際、在職中の活きる経験はなんですか?

マネジメント経験、営業や販売の経験、数字を分析・改善などはアピール材料になります。

ただし、どのスキルをアピールするにしても、Webデザイナーとしてどう活かせるかを説明できなければ意味がありません。

私自身、異業界・異業種への転職を2度経験しましたが、内定を勝ち取ったひとつの要素としてコミュニケーション力が活きたと考えています。

あなただけの経験を見つけ「強み」としてアピールできるようにしておきましょう。

Webデザイナーの仕事を見つけるには、どのような方法がありますか?

Webデザイナーの仕事を見つけるには、以下の方法があります。

  • 求人情報サイト
    • IndeedやDODAなどの求人情報サイトで、Webデザイナーの求人を探す
  • 転職エージェント
    • リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録し、求人を紹介してもらう
  • SNS
    • LinkedInやTwitterなどのSNSで、Webデザイナーの求人を探す
  • Webデザイン会社のホームページ
    • Webデザイン会社のホームページで、求人情報を確認する

これらの方法を活用して、自分に合った仕事を見つけましょう。

転職活動はいつから始めるのがベストですか?

転職活動は、在職中から始めるのがおすすめです。

なぜなら、退職後だと収入が途絶えるリスクがあるからです。収入がない状態での転職は、メンタル的にも厳しくなります。

一般的に転職活動は3ヶ月〜6ヶ月はかかりますので、しっかり見通しを立ててから転職活動に望みましょう。

転職ロードマップについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:未経験からWebデザイナーを目指していこう!

今回は、Webデザイナーについてご紹介しました!

Webデザイナーは、近年需要がますます高まっている注目の職業です。諦めずに努力を続ければ、Webデザイナーになることができます。

独学、スクール、インターンなど、様々な学習方法があります。自分に合った方法で、必要な知識とスキルを身につけることが重要です。

また、ポートフォリオを作成し、就職・転職活動に備えましょう。

これらの情報を参考に、自分に合った方法で学習を進め、目標に向かって努力を続けていきましょう。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ハイクラス求人 ビズリーチ

ビズリーチは、20万社以上の企業から厳選された求人を掲載する、ハイクラス転職に特化した求人サイトです。

エージェントの紹介なしで、直接企業とやり取りできるため、転職活動をスピーディーかつ効率的に進めることができます。

ビズリーチの3つの強みはこちらです。

  1. 厳選されたハイクラス求人:年収700万円以上、役職経験者向け求人など、ハイキャリア層の転職活動をサポートします。
  2. スカウト機能:履歴書や職務経歴書を登録するだけで、20万社以上の企業からスカウトが届きます。
  3. マイページ機能:気になる求人をまとめて管理したり、エージェントに相談したりできる便利な機能が充実しています。

ビズリーチは、無料で利用可能です。

いますぐ登録して、あなたに合ったハイレベルな求人を見つけませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Webデザイナーとは?仕事内容・なる方法・キャリアパスについて解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

コメント

コメントする

目次