MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

転職までどのぐらいかかる?期間の目安とスケジュールの立て方について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
転職までどのぐらいかかる?期間の目安とスケジュールの立て方_02
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)
悩んでいる人

今の会社にもう居られない…。

悩んでいる人

もっとやりがいのある仕事がしたい!!

悩んでいる人

年収アップしたい!!!

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

さすけ

私も昔、同じように悩んでいました…。

新卒で入社した会社で、仕事が自分に合わないことに気づき転職を決意。しかし、転職活動は想像以上に難しく、何度も挫折を味わいました。

さすけ

諦めずに続けた結果、転職に成功しました!

この経験を活かして、転職までのスケジュールを立てる方法をまとめました。

解決策は、簡単にいうとこちらです。

  • 現状の評価と目標設定
  • 履歴書・職務経歴書の準備
  • 面接の準備と実施
  • 内定と退職の手続き
  • 新しい職場でのスタート

この5ステップを踏むことで、転職までに必要な期間「3ヶ月〜6ヶ月」効率的に転職活動を進めることができます。

もし、あなたが次の条件に当てはまるなら、ぜひ続きを読んでみてください。

本記事はこんな方におすすめです!
  1. 転職活動にかかる期間やスケジュールを把握したい
  2. 転職を検討しているが、何から始めればよいかわからない
  3. 転職活動を始めたばかりで、なかなか結果が出ず悩んでいる

私は、転職活動で内定を獲得し、現在はWeb業界で働いています。私の経験が、あなたの転職活動の成功に役立てばさいわいです。

今回は、転職までのスケジュールを立てる方法についてご紹介します。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

転職までに必要なスケジュール

転職までに必要な期間のスケジュール

転職までに必要な期間の目安とスケジュールについて、5つのステップに分けることができます。

転職までに必要なスケジュール
  1. 1週目~3週目:現状の評価と目標設定
  2. 4週目~6週目:履歴書・職務経歴書の準備
  3. 7週目~9週目:面接の準備と実施
  4. 10週目~12週目:内定と退職の手続き
  5. 13周目以降:新しい職場でのスタート

それぞれのステップで必要な期間は、以下の通りです。

スクロールできます
期間転職活動のスケジュール
1週目~3週目:現状の評価と目標設定現状の評価を行う
目標を設定する
4週目~6週目:履歴書・職務経歴書の準備履歴書を作成する
職務経歴書を作成する
7週目~9週目:面接の準備と実施面接の準備をする
面接を実施する
10週目~12週目:内定と退職の手続き内定の手続きをする
退職の手続きをする
13周目以降:新しい職場でのスタート職場での生活に適応する
さすけ

順番にご紹介します!

STEP1:現状の評価と目標設定

転職までに必要な期間のスケジュール_01

転職先の業界や職種をリサーチしたり、履歴書や職務経歴書を作成したり、面接対策をしたりする必要があります。

現状の評価を行う際には、以下の観点からあなた自身を見つめ直しましょう。

  • スキルや経験:これまで培ってきたスキルや経験を振り返りましょう。
  • 価値観や目標:あなたの価値観や目標を明確にしましょう。
  • 課題:現状で抱えている仕事への課題を把握しましょう。

また、目標を設定することによって、目指すべき方向性を明確にすることができます。

目標を設定する際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 具体的にする:「〇〇を目指す」というように、具体的な目標を設定しましょう。具体的な目標を設定することで、達成までの道筋を立てやすくなります。
  • 達成可能である:スキルや経験、努力次第で達成可能な目標を設定しましょう。達成不可能な目標を設定すると、モチベーションが下がってしまいます。
  • 期限を決める:目標達成までの期限を決めましょう。期限を決めることで、計画的に取り組むことができます。
さすけ

現状の評価と目標設定は、目標を達成するために欠かせないプロセスです!

しっかりと現状を評価し、達成可能な目標を設定することで、目標達成の可能性が高まります。

漠然と転職活動がやりたい方は、こちらの記事をご覧下さい!

STEP2:履歴書・職務経歴書の準備

転職までに必要な期間のスケジュール_02

希望条件に合った求人を探して応募します。応募先の企業数や選考状況によって、期間は異なります。

履歴書・職務経歴書がしっかりしていれば、書類選考を通過しやすくなります。

氏名、生年月日、現住所、学歴、職歴、免許・資格、志望動機などを記載する書類のこと。

履歴書を作成する際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 正確性を重視する:氏名や住所などの基本情報は、必ず正確に記載しましょう。誤字脱字があると、不誠実な印象を与えてしまいます。
  • 簡潔にまとめる:履歴書は、限られたスペースに情報を記載する必要があります。そのため、簡潔にまとめることが大切です。
  • アピールポイントを盛り込む:履歴書は、自分の強みやスキルをアピールするチャンスです。応募先企業で活かせる経験やスキルを、具体的に記載しましょう。

これまでの職務経験をまとめた書類のこと。履歴書と異なり、職務内容や実績、スキルなどを具体的に記載することができます。

職務経歴書を作成する際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 応募先企業にマッチする内容にする:職務経歴書は、応募先企業の求める人材にマッチした内容にすることが大切です。
  • 数字や具体的なエピソードを盛り込む:自分のスキルや経験をアピールするためには、数字や具体的なエピソードを盛り込むと効果的です。
  • 誤字脱字に注意する:職務経歴書も、履歴書と同様に誤字脱字に注意しましょう。誤字脱字があると、不誠実な印象を与えてしまいます。

履歴書・職務経歴書は、転職活動の成功を左右する重要な書類です。

さすけ

しっかりと準備して、転職活動を有利に進めましょう!

STEP3:面接の準備と実施

転職までに必要な期間のスケジュール_03

一次面接から最終面接まで、複数の面接を経て内定を得る必要があります。面接の回数や選考状況によって、期間は異なります。

面接で良い印象を与えることができれば、内定獲得の可能性が高まります。

面接の準備をする際は、以下のステップで行いましょう。

  1. 応募先企業の研究:応募先企業の研究を行い、企業概要や事業内容、求める人材像などを把握しましょう。
  2. 自己分析:自分の強みやスキル、経験を整理するために、自己分析を行いましょう。
  3. 面接の予行練習:面接官からよく聞かれる質問を想定し、面接の予行練習を行いましょう。

面接を実施する際は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 第一印象を大切にする:第一印象は、面接官の印象に大きく影響します。面接当日は、清潔感のある服装で、時間に遅れないようにしましょう。
  • 笑顔で明るい印象を与える:面接中は、笑顔で明るい印象を与えましょう。また、面接官の話をよく聞き、適度に相槌を打つことも大切です。
  • 自分の言葉で話す:面接では、自分の言葉で話しましょう。丸暗記した回答は、不自然な印象を与えてしまいます。
  • 質問に丁寧に答える:面接官の質問には、丁寧に答えましょう。また、質問の意図を理解して、的確に回答するようにしましょう。
  • 退出時に挨拶をする:面接の最後には、退出時に挨拶をしましょう。また、面接官の連絡先を聞いておくことも大切です。

面接は、転職活動の成功を左右する重要なステップです。

さすけ

しっかりと準備して、面接本番に臨みましょう!

STEP4:内定と退職の手続き

転職までに必要な期間のスケジュール_04

内定を得たら、退職交渉や入社準備を行います。

退職交渉は、退職希望日の1ヶ月前までに行うのが一般的です。入社準備には、新生活の準備や引っ越しなど、1〜2ヶ月程度の期間が必要です。

内定をもらったら、内定通知書の内容をよく確認しましょう。入社日や給与などの条件が記載されています。

内定をもらい手続きが済んだら、退職手続きを進めていきます。退職手続きは、会社によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

内定と退職の手続きには、以下のことに注意しましょう。

  • 内定通知書の内容をよく確認する
  • 退職日は、必ず上司と相談して決める
  • 退職願は、退職日の1ヶ月以上前に提出する
  • 内定承諾書や入社誓約書を提出期限までに提出する
  • 退職手続きは、会社ごとに異なるため、事前に確認する

内定と退職の手続きは、転職活動の最終段階です。しっかりと準備して、スムーズに手続きを進めましょう。

STEP5:新しい職場でのスタート

転職までに必要な期間のスケジュール_05

新しい職場での生活に適応し、新しい環境でのキャリアを築いていきます。新しい職場でのスタートは、とてもワクワクする反面、不安も大きいものです。

ここでは、新しい職場でのスタートを成功させるためのポイントをご紹介します。

  • 入社準備をしっかりする:入社前に、会社概要や事業内容、社内ルールなどをしっかりと確認しておきましょう。
  • 第一印象を大切にする:第一印象は、その後の人間関係を大きく左右します。初日は、清潔感のある服装で、笑顔で挨拶をしましょう。
  • 積極的に質問する:わからないことや不安なことは、すぐに質問しましょう。
  • 周囲の人々とコミュニケーションをとる:新しい職場では、なるべく多くの人とコミュニケーションをとるようにしましょう。
  • 自分の仕事に責任を持つ:自分の仕事に責任を持って取り組むことで、周囲からの信頼を得ることができます。

新しい職場でのスタートは、人生の大きな転機です。

さすけ

しっかりと準備をして、充実したスタートを切ってください!

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

短期・長期別の転職活動スケジュール

切り替える

転職活動を成功させるためには、スケジュールをしっかりと立てることが大切です。

1ヶ月~2ヶ月で転職活動を進める場合、1年以上かけて転職活動を進める場合を表でまとめました。

転職活動の進め方1ヶ月~2ヶ月の場合1年以上かける場合
メリット早期に転職できる
希望が叶えば満たされる
希望条件を妥協せずに転職できる
キャリアプランを検討できる
デメリット希望条件を妥協する必要
スケジュール管理が重要
転職活動に時間がかかる
モチベーション維持が難しい
向いている人いますぐに転職したい
希望条件が比較的明確
希望条件を妥協したくない
じっくりとキャリアを考えたい

それぞれの転職スケジュールは、個人の状況や目指す職種によって変わるため、自分のペースに合わせて計画を立てることが重要です。 ​

さすけ

順番にご紹介します!

短期:1ヶ月~2ヶ月で転職活動を進める場合

1ヶ月~2ヶ月で転職活動を進める場合、以下のスケジュールを参考にするとよいでしょう。

ステージ1ヶ月~2ヶ月での転職
現状の評価と目標設定1週間
履歴書・職務経歴書の準備1週間
求人情報の収集と応募2週間
面接の準備と実施2週間
内定と退職の手続き2週間
新しい職場でのスタート開始時期に応じて

また、1ヶ月~2ヶ月で転職活動を進める場合、以下のような注意点があります。

  • 希望条件を妥協する:1ヶ月~2ヶ月で転職活動を進める場合、希望条件を妥協する必要がある場合があります。
  • スケジュールをしっかりと管理する:面接日程や内定期限などをしっかりと把握して、スケジュール通りに行動しましょう。
  • 体調管理をしっかりとする:体調管理をしっかりとして、転職活動に集中できるようにしましょう。

1ヶ月~2ヶ月で転職活動を成功させるためには、効率的に行動することが大切です。

長期:1年以上で転職活動を進める場合

1年以上かけて転職活動を進める場合、以下のスケジュールを参考にするとよいでしょう。

ステージ1年以上かける転職
現状の評価と目標設定1ヶ月~2ヶ月
履歴書・職務経歴書の準備1ヶ月~2ヶ月
求人情報の収集と応募2ヶ月~4ヶ月
面接の準備と実施3ヶ月~6ヶ月
内定と退職の手続き1ヶ月~2ヶ月
新しい職場でのスタート開始時期に応じて

また、1年以上かけて転職活動を進める場合、以下のような注意点があります。

  • 希望条件を妥協しすぎない:希望条件をすべて満たす求人が見つからない場合は、条件を調整するのではなく、転職先の選び方を見直すことも検討しましょう。
  • 目標を明確にする:目標を明確にすることで、モチベーションを維持することができます。
  • 体調管理をしっかりとする:転職活動は、精神的にも体力的にも負担がかかるものです。体調管理をしっかりして、転職活動に集中できるようにしましょう。

1年以上かけて転職活動を成功させるためには、じっくりと時間をかけて、納得のいく転職活動を実現することが大切です。

さすけ

しっかりと準備して、納得のいく転職活動を実現しましょう!

転職活動は在職中と退職後のどちらに進めるのがよい?

転職サービス_素材20

転職活動は、在職中と退職後のどちらに進めるかは、それぞれのメリットとデメリットを比較して考えてみましょう。

在職中に転職活動を進める場合のメリット・デメリットはこちらの表をご覧ください。

メリットデメリット
現職で身についたスキルや経験を活かしやすい
退職期間を気にせず、じっくりと転職活動に専念できる
収入や社会保険などの保障があるため、経済的な不安が少ない
現職の業務と転職活動の両立が難しい
転職活動にかかる時間や労力が比較的多い
退職の意思が現職の会社に伝わる可能性がある

在職中に転職活動を進めるのが向いているのはこんな人です。

  • じっくりと転職活動に専念したい
  • 収入や社会保険などの保障を重視したい
  • 現職で身に付いたスキルや経験を活かしたい

在職中の転職活動は時間の確保が難しいため、スケジュール管理を徹底しましょう。

さすけ

仕事と転職活動のバランスを取るためには、時間を効率的に使うことが重要です!

退職後に転職活動を進める場合のメリット・デメリットはこちらの表をご覧ください。

メリットデメリット
転職活動に集中できるため、効率的に進めやすい
現職の業務や人間関係から解放されるため、気分転換になる
退職金や失業手当などの収入があるため、経済的な不安が少ない
転職活動にかける期間が長引く可能性がある
現職で身についたスキルや経験が古くなる可能性がある
収入や社会保険などの保障がなくなるため、経済的な不安が大きい

退職後に転職活動を進めるのが向いているのはこんな人です。

  • 転職活動に集中したい
  • 貯金などあり経済的な不安が少ない
  • 現職の業務や人間関係から解放されたい

貯蓄、経費削減、必要に応じてアルバイトなどを考慮に入れることが重要です。この期間を利用して、現在のスキルを見直し、必要に応じて新しいスキルや資格を取得しましょう。

さすけ

退職後の収入がない期間をどう乗り越えるか、計画を立てておきましょう!

在職中に転職活動を進める場合と、退職後に転職活動を進める場合は、あなたの状況や希望条件に合わせて判断することが大切です。

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

転職活動を成功させるためのポイント

転職サービス_素材14

転職活動を成功させるためには、以下のポイントを押さえましょう。

転職活動を成功させるためのコツ
  1. 企業の情報収集をしっかり行う
  2. 転職活動に良いタイミングを見測る
  3. 叶えたい条件に優先順位をつけておく
さすけ

順番にご紹介します!

ポイント1:企業の情報収集をしっかり行う

対象となる企業がどの市場にいて、どんなポジションにあるかを理解しましょう。業界の動向や市場のトレンドを把握することが重要です。

企業の情報収集を行う際には、以下の方法が効果的です。

  • 企業の公式ウェブサイト:企業のミッション、ビジョン、価値観、歴史、組織構造、製品やサービスに関する情報が掲載されています。
  • ソーシャルメディアとブログ:企業のFacebook、X、Instagramなどのソーシャルメディアアカウントをチェックします。おおまかな雰囲気が掴めるでしょう。
  • 転職サイトや求人情報:企業が出している求人広告を通じて、どのような人材を求めているか、企業の優先事項を把握できます。転職サイトの企業紹介ページも参考になります。

企業のミッションビジョン価値観と、あなたのキャリア目標や働き方の希望と合致しているかを確認しましょう。

ポイント2:転職活動に良いタイミングを見測る

いま_01

業界によって採用活動が活発になる時期が異なるので、タイミングを把握しましょう。

採用活動が活発になる時期の一般的な例はこちらです。

  • 教育業界:学校や教育関連の機関では、学年の始まりに合わせて、冬から春にかけて採用が活発になります。
  • 小売業界:休暇シーズン前、特に秋の終わりから冬にかけての採用が多くなります。これはクリスマスや年末に向けた準備のためです。
  • IT・Web業界:年間を通して比較的一定の採用が見られます。新しいプロジェクトや予算計画に合わせて、年初や会計年度の初めに採用が増えることがあります。
  • 建設業界:天候に左右されるため、春から夏にかけての暖かい時期に採用が増えます。
  • ヘルスケア業界:年間を通じて一定の需要があります。年度の始まりや、休暇シーズン前に採用が見られます。

※これらの傾向は一般的なものであり、個々の企業や組織の方針によって異なる場合があります。

採用動向を把握するためには、また、転職エージェントを利用すると、業界特有の採用トレンドに関する詳しい情報を得ることができます。

ポイント3:叶えたい条件に優先順位をつけておく

希望する給与やその他の待遇(ワークライフバランス、福利厚生など)に優先順位をつけましょう。

職種の変更キャリアアップを目指す場合、どのようなスキルが身につくか、キャリアパスがどうなっているか考えましましょう。

リモートワークフレキシブルな勤務時間など、自分のライフスタイルに合った働き方を実現できるかを考えましょう。

これらのポイントを踏まえて転職活動を進めることで、自分にとって最適な職場を見つけることができます。

転職は単に仕事を変えるだけではなく、キャリアとライフスタイル全体に影響を与える大切な決断です。

さすけ

じっくりと時間をかけて慎重に進めることが成功への鍵となります!

おすすめの転職サービスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

転職ロードマップ7ステップのおさらい

転職ロードマップ

未経験からでもIT・Web業界への扉は開かれています。

ただし、その夢を実現させるには明確なロードマップが必要です。

このロードマップを参考にすれば、未経験からでもIT・Web業界への転職を成功させることができます。

転職活動を効果的に進めるには、こちらの7ステップがおすすめです。

IT・Web業界への転職7ステップ
  1. 転職理由(軸)を明確にする
  2. 転職までのスケジュールを立てる
  3. キャリアや強みの棚卸しをする
  4. 転職サイト・転職エージェント登録する
  5. 企業に応募し書類選考を進める
  6. 採用面接を突破し内定をもらう
  7. 退職手続き、入社準備を進める

まずは、あなたの転職したい理由を明確にするところから始めてみましょう。

その後、転職サービスを利用したり、書類作成面接対策と進んでいきましょう。

転職までのロードマップについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:転職スケジュールを早めに立てて行動しよう!

転職までに必要な期間のスケジュール

今回は、転職までのスケジュールを立てる方法についてご紹介しました。

転職までに必要な期間は、一般的には「3ヶ月〜6ヶ月」が目安です。

転職までに必要な期間の目安とスケジュールは、こちらの5つのステップに分けることができます。

転職までに必要な期間の目安
  1. 1週目~3週目:現状の評価と目標設定
  2. 4週目~6週目:履歴書・職務経歴書の準備
  3. 7週目~9週目:面接の準備と実施
  4. 10週目~12週目:内定と退職の手続き
  5. 13周目以降:新しい職場でのスタート

それぞれのステップで必要な期間は、以下の通りです。

スクロールできます
期間転職活動のスケジュール
1週目~3週目:現状の評価と目標設定現状の評価を行う
目標を設定する
4週目~6週目:履歴書・職務経歴書の準備履歴書を作成する
職務経歴書を作成する
7週目~9週目:面接の準備と実施面接の準備をする
面接を実施する
10週目~12週目:内定と退職の手続き内定の手続きをする
退職の手続きをする
13周目以降:新しい職場でのスタート職場での生活に適応する

転職活動を成功させるためには、スケジュールをしっかりと立てて、早めに行動することが大切です。

本記事を参考に、転職活動を成功させてください。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ビズリーチ_01
出展:ビズリーチ

\転職への漠然とした悩み、ビズリーチで解決できます!/

  • スマートにキャリアアップを実現させたい
  • 希少な高年収職に出会うチャンスを掴みたい
  • ヘッドハンターによる転職サポートを受けたい

登録後、あなたに届く求人・オファーを確認して、今の市場価値をチェックしましょう。

ビズリーチで、これからのキャリアの可能性を広げてみませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

転職までどのぐらいかかる?期間の目安とスケジュールの立て方_02

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

目次