MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

転職面接はどのように進む?主な面接の流れとよくある質問について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
転職面接はどのように進む?主な面接の流れとよくある質問について解説
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)
悩んでいる人

面接で何を聞かれるのか知りたい!

悩んでいる人

面接でどう答えたらいいのか分からない……。

そんな不安に駆られていませんか?

この記事では、このような悩みに答えます。

さすけ

私もかつては同じように、面接の準備に頭を悩ませていました……。

どんな質問が来るのか、どう答えるのがベストなのか、不安でいっぱいだったんです。

でも、心配はもう不要です。

解決策は、簡単にいうと「準備と自信」です。面接の流れを把握し、よくある質問に対して自信を持って答えられるようになることが重要です。

この記事を読めば、転職面接の流れと、面接官がよく聞く質問、そして効果的な答え方がすぐにわかります。

これが当てはまると感じる人は、ぜひ続きを読んでみてください。

本記事はこんな方におすすめです!
  1. 転職面接で好印象を与えたいと思っている
  2. 面接の流れやよく聞かれる質問についてよくわからない
  3. 転職面接の対策をしたいが、何から始めればよいかわからない

私自身、この方法を使って数々の面接を乗り越え、望む職に就くことができました。

今回は、面接の流れとよく聞かれる質問についてご紹介します。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

主な転職面接の流れは大きく分けて5STEP

主な転職面接の流れ_00_1

面接で聞かれる質問には大きく分けて、「自己紹介」「転職理由」「志望動機」「自己PR」「逆質問」の5つがあります。

転職面接は通常、以下のようなステップで進行します。

主な転職面接の流れ
  1. 自己紹介
  2. 転職理由
  3. 志望動機
  4. 自己PR
  5. 逆質問

最初に自己紹介から始まり、あなたの経歴について聞かれます。次に、転職理由志望動機について聞かれ、実務の経験や専門スキルを答えていきます。

その後、自己PRを始めとした性格や職への情熱に焦点を当てる質問が行われ、より深くあなたの人柄を掘り下げていきます。

面接の最後の部分では、逆質問の時間が設けられることが一般的です。

転職面接を成功させるためには、これらのポイントを押さえておくことが大切です。

さすけ

順番にご紹介します!

質問1:自己紹介

主な転職面接の流れ_01_1

自己紹介では、氏名、年齢、職歴、学歴、資格などを簡潔に伝えます。

あなたはあなたの基本的な情報を提供し、面接の流れをスムーズにすることが求められます。

よくある質問例はこちらです。

  • 自己紹介をしてください。
  • あなたの経歴について教えてください。

面接官は自己紹介をを通じて、あなたの基本的な情報職務経歴どのような人物かを理解しようとします。

面接の第一印象を形成する重要な部分です。あなたのコミュニケーションスキル自己認識を評価する機会でもあります。

自己紹介の回答例はこちらをご覧ください。

「こんにちは、私は[名前]です。

[最終学歴]を卒業後、[業界名]で[経験年数]年の経験を積みました。

特に、[専門スキルや業績]に関しては自信があります。

私はチームワークを重視し、常に新しい学びを求める姿勢を持っています。

[現在の目標や志望理由]を達成するため、[会社名]の[職種]に応募しました。」

簡潔にあなたの名前、現在の状況(例:職業や最終学歴)、主要な経歴や経験を紹介します。個人の特性や興味も少し触れると良いです。

回答のポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 簡潔かつ具体的に述べる:自己紹介は長くなりがちですが、重要なポイントを簡潔にまとめることが大切です。
  • ポジションへの適合性を示す:なぜその職種や会社に興味を持ったのか、あなたのスキルや経験がどのように役立つのかを明確に伝えます。
  • ポジティブな印象を与える:個人的な詳細は最小限に留め、転職に前向きな印象を与えるようにします。

自己紹介は、面接の成功に大きく影響するため、事前に準備し、自然に話せるようにしておくことが重要です。

自己PRにつなげるようなエピソードを盛り込むと、印象に残りやすくなります。

質問2:転職理由

主な転職面接の流れ_02_1

転職理由は、あなたの実務経験の深さや範囲を評価するためのものです。

転職を考えた動機や理由を明確にし、あなたのキャリアや今後の計画などを理解させることが大事です。

よくある質問例はこちらです。

  • 転職を考えた理由は何ですか?
  • 前職を辞めた具体的な理由を教えてください。

面接官は転職理由を通じて、あなたのキャリアに対する考え方やモチベーション、職場環境に対する適応性を理解しようとします。

転職理由の回答例はこちらをご覧ください。

「私は新しいキャリア成長の機会を求めて転職を考えました。

前職では多くの経験を積みましたが、[新しい技術、スキル、業務領域]への興味を深め、それを追求するために転職を決意しました。

貴社は[特定の業務やプロジェクト]で知られており、私のスキルセットとキャリア目標に完璧に合致すると感じています。」

転職理由を説明する際は、職業的な成長と発展に重点を置き、新しい職場での貢献や学びの機会を前向きに捉えることが肝心です。

回答のポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 転職理由を具体的に述べる:転職を考えた具体的な理由や動機を明確に伝えます。
  • 企業との適合性を意識する:応募先の企業があなたのキャリア目標や個人的な価値観にどのように合致するかを説明します。
  • 前向きなアプローチを強調:転職理由を語る際は、前職の否定的な側面よりも、新しい機会やキャリアの成長を求める前向きな理由を強調します。

具体的かつ誠実な回答を心がけることで、面接官に良い印象を与えることができます。

さすけ

転職理由は、ネガティブな印象を与えないように注意しましょう!

現在の職場を否定するだけではなく、新たな機会自己成長への希望を表現することが重要です。

質問3:志望動機

主な転職面接の流れ_03_1

志望動機では、その企業を志望する理由と、入社後にどのように貢献していきたいのかを伝えます。

なぜその会社や職種を選んだのかを説明し、あなたの興味や情熱を示すことが重要です。

よくある質問例はこちらです。

  • 当社に応募した理由は何ですか?
  • なぜこの職種を選んだのですか?

面接官は、志望動機を通じて、応募者がその会社や職種に対してどの程度情熱を持っているか、また選択がどのように応募者のキャリア目標や個人的な価値観と合致しているかを理解しようとします。

志望動機の回答例はこちらをご覧ください。

「私は[会社名]が[特定の製品やサービス、業界でのポジション]において業界リーダーであることに強く惹かれました。

特に、[具体的な技術やサービスの特徴]において、あなたの会社が示している革新性と成長の志向は、私のキャリア目標と完全に一致しています。

[職種]として、私は[具体的なスキルや経験]を活かしつつ、さらに[会社のビジョンやプロジェクト]に貢献することで、自己成長を図りたいと考えています。」

会社の特徴や文化、職種の魅力をリサーチし、あなたのキャリア目標や価値観とどう結びつくかを語ります。

回答のポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 企業研究をしっかり行う:応募する会社に関する十分なリサーチを行い、その知識を回答に反映させることが重要です。
  • 双方向の貢献を強調する:会社への貢献だけでなく、その職種があなたの個人的な成長やキャリア発展にどのように役立つかも示します。
  • キャリア・目標と整合する:応募する職種があなたのキャリア目標や専門スキルにどのように適合するかを明確に説明します。

志望動機に関する回答は、あなたのキャリア目標と企業のビジョンがどのように一致するかを示すことで、ポジションへの強い動機と長期的な貢献の意欲をアピールすることができます。

企業についての徹底した調査を行い、その上で「他の会社ではなく、なぜこの会社を選んだのか」を明確に伝えることが重要です。

これまでの経験や得意分野を活かし、入社後にどのように会社に貢献できるかを強調することで、評価を高めることができます。

質問4:自己PR

主な転職面接の流れ_04_1

自己PRとは、あなた自身の強みや特長、成果などをアピールすることを指します。

あなたの強みやスキル、成果を強調し、どうしてポジションに適しているのかを示すのが重要です。

よくある質問例はこちらです。

  • あなたの強みは何ですか?
  • 自己PRをしてください。

面接官は、応募者が自己分析を行い、自分の能力や成果をどのように職務に活かせるかを見極めようとします。

自己PRの回答例はこちらをご覧ください。

「私の最大の強みは、問題解決能力と効率的なコミュニケーションです。

過去の職場では、[具体的な問題や課題]に直面した際、[具体的なスキルやアプローチ]を用いて解決に導きました。

また、チーム内での円滑なコミュニケーションを保ちながら、プロジェクトを成功に導くことができました。

この経験を活かし、貴社でも[具体的な職務内容やプロジェクト]において価値を提供できると確信しています。」

これまでの経験や実績から、特に重要なスキルや成果を選び、具体的な例を挙げて説明します。

回答のポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 強みを具体化する:抽象的な記述ではなく、あなたの特定の強みやスキルを具体的に挙げることが重要です。
  • 職務への応用可能性を示す:あなたの能力や特性が応募する職務にどのように貢献するかを具体的に説明します。
  • 実績に基づきアピールする:あなたの強みや成果を支える具体的な例やエピソードを用意します。

あなたの強みが、どのようにポジションや会社に貢献できるかを明確にすることが肝心です。

自己PRは、あなたの能力と適性をアピールする機会です。あなたの強みがその職務や企業にどのように貢献できるかを明確に伝えましょう。

質問5:逆質問

主な転職面接の流れ_05_1

逆質問とは、面接や職務関連の会話の際に、応募者が面接官や雇用主に対して質問を行うことです。

面接の終わりに通常、応募者に「何か質問はありますか?」と尋ねられる機会が与えられ、その時に行います。

よくある質問例はこちらです。

  • 何か質問はありますか?
  • 最後に聞いておきたいことは?

会社やポジションについてより深く理解しようとする姿勢を見せることで、面接官に良い印象を与えます。

逆質問の回答例はこちらをご覧ください。

  • 「この職位での主な責任は何ですか?」
  • 「会社の文化やチームの雰囲気を教えていただけますか?」
  • 「この職種のキャリアパスにはどのようなものがありますか?」
  • 「成功するためにこの職位で最も重要なスキルは何だと思いますか?」

会社の文化キャリア成長の機会具体的な職務内容チームの環境など、事前にリストアップしておいた質問をします。

回答のポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 事前に質問を用意する:質問は簡潔かつ明確にし、面接官にわかりやすいものにします。
  • 関連性のある質問を選ぶ:職位や会社に密接に関連する質問を選び、あなたの興味が真剣であることを示します。
  • 今後のキャリアに関連させる:質問を通じて、ポジションがあなたのキャリア目標や興味にどのように適合するかを探ります。

逆質問は、あなたが職位や会社にどのように関心を持っているかを示す重要な機会です。また、面接官とのコミュニケーションを深め、より良い理解を得ることができます。

面接前に企業研究をしっかりと行い、気になることを事前に調べておきましょう。

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

転職面接で頻繁に出る質問と効果的な答え方

選考

頻繁に出る質問は、応募者の様々な能力や適性を評価するために用いられます。

今回ご紹介する転職面接で頻繁に出る質問はこちらの6つです。

転職面接で頻繁に出る質問
  1. 長所・短所
  2. 成功・失敗体験
  3. チームワーク
  4. 問題解決能力
  5. ストレスマネジメント
  6. 将来の目標

回答を準備する際には、具体的な経験やエピソードを引用し、あなたの能力を効果的にアピールすることが重要です。

さすけ

順番にご紹介します!

質問6:長所・短所

面接において長所と短所に関する質問は、応募者の自己認識と自己分析能力を評価するためによく使われます。

よくある質問例はこちらです。

  • あなたの長所と短所は何ですか?
  • 自己評価で、あなたが最も誇りに思う点と改善が必要だと感じる点は何ですか?

長所に関する質問は、あなたの自信、能力、および職務への適合性を理解したいという意図があります。

短所に関する質問は、あなたが自己の弱点を認識し、それを改善するためにどのような努力をしているかを判断するために使われます。

長所・短所の回答例はこちらをご覧ください。

  • 長所:「私の最大の長所は、組織力と時間管理です。これにより、複数のプロジェクトを同時に効率的に進めることができます。過去には、タイトな締め切りの中で複数のチームプロジェクトを成功させた経験があります。」
  • 短所:「私の短所は、過度に細かい点にこだわりすぎる傾向があることです。これを克服するために、優先順位を設定し、重要なタスクに集中する方法を学んできました。このアプローチにより、より生産的になることができました。」

面接における長所と短所に関する質問への適切な回答は、自己認識の高さと成長への意欲を示す良い機会です。

長所を強調しすぎず、短所を過小評価せず、バランス良く自己を評価することが大事です。

質問7:成功・失敗体験

チェック_01

面接での成功と失敗の体験に関する質問は、応募者の実務経験、問題解決能力、および学習意欲を評価するためによく用いられます。

よくある質問例はこちらです。

  • あなたのキャリアで最も大きな成功体験は何ですか?
  • 仕事上で直面した最も困難な失敗は何であり、それから何を学びましたか?

質問の意図

成功体験に関する質問は、あなたが以前の職務でどのような成果を上げたか、またそれを達成するためにどのようなスキルやアプローチを用いたかを理解するために使われます。

失敗体験に関する質問は、あなたが過去の誤りや挫折からどのように学び、成長したかを評価するために使われます。

成功・失敗体験の回答例はこちらをご覧ください。

  • 成功体験:「私のキャリアで最大の成功は、新製品の市場導入プロジェクトをリードし、予想を上回る売上を達成したことです。この経験から、効果的なチームマネジメントと市場分析の重要性を学びました。」
  • 失敗体験:「以前、重要なクライアントの期待を満たせなかったことがあります。この失敗から、コミュニケーションの重要性とクライアントのニーズを深く理解することの大切さを学びました。以後、クライアントとの関係構築に特に注力しています。」

成功を達成するためにどのような行動を取ったか、また失敗からどのように立ち直ったかを説明します。成功と失敗の両方について具体的な例を挙げることが重要です。

成功と失敗の体験に関する質問への適切な回答は、あなたの実務経験、問題解決能力、そして学習と成長への意欲を示す機会となります。

質問8:チームワーク

面接においてチームワークに関する質問は、応募者の協調性、コミュニケーション能力、およびチーム内での対人スキルを評価するために頻繁に用いられます。

よくある質問例はこちらです。

  • 過去にチームで働いた経験について教えてください。
  • チーム内で困難な状況に直面した際、あなたはどのように対処しましたか?

チームワークに関する質問は、応募者がチーム環境内でどのように機能するか、また他のチームメンバーとどのように協力して仕事を達成するかを理解するために使われます。

面接官は、チームプレーヤーとしてどの程度効果的であるか、対人関係の管理や対立解決の能力を評価しようとします。

チームワークの回答例はこちらをご覧ください。

「私の最近の職務では、多様なスキルセットを持つチームメンバーと協力して大規模なプロジェクトを成功させました。

特に苦労したことは、さまざまな意見を持つチームメンバー間のコンセンサスを形成することでした。

私は積極的にミーティングを行い、各メンバーの意見を尊重すると同時に、共通の目標に焦点を合わせることで、チームの調和とプロジェクトの成功を実現しました。」

以前の職務やプロジェクトでの具体的なチームワークの経験を挙げ、 チーム内での自分の役割や貢献を明らかにします。

チーム内での対立や困難な状況をどのように乗り越えたか、そのプロセスを説明しましょう。

チームワークに関する質問への適切な回答は、あなたが協力的なチームプレーヤーであること、またチーム環境内で効果的に機能できることを示す機会となります。

質問9:問題解決能力

Webディレクター_素材07

問題解決能力は、面接において重要な能力の一つです。

面接官は、応募者が過去に直面した困難な状況をどのように処理し、解決したかを通じてその能力を評価します。

よくある質問例はこちらです。

  • 仕事上で直面した困難な問題は何であり、それをどのように解決しましたか?
  • 予期せぬ問題にどのように対応しましたか?その結果はどうでしたか?

問題解決能力に関するの質問は、応募者が問題をどのように特定し、分析し、そして解決するかを理解するために使われます。

面接官は、応募者が創造的な思考論理的なアプローチ効果的な意思決定を行う能力を持っているかを評価しようとします。

問題解決能力の回答例はこちらをご覧ください。

「過去の職場で、重要なプロジェクトの納期が遅れそうになった時がありました。

私はまず、プロジェクトの遅延の原因を特定しました。それは主にリソースの不足に起因していたことが分かりました。

次に、追加のリソースを確保し、効率的な作業スケジュールを再構築しました。

結果として、プロジェクトは期限内に成功裏に完了し、クライアントから高い評価を受けました。」

問題解決の結果がどのようにプロジェクトやチームにプラスの影響を与えたかを強調します。

問題をどのように特定・分析し、解決策をどのように導き出したかを明確に示します。

問題解決能力に関する質問への回答は、応募者が困難な状況に対処し、効果的な解決策を見つける能力を持っていることを示す良い機会となります。

質問10:ストレスマネジメント

ストレスマネジメントは、特にプレッシャーの高い環境や困難な状況での業務遂行能力を評価するために、面接で頻繁に問われるトピックです。

よくある質問例はこちらです。

  • プレッシャーが高い状況でどのようにしてストレスを管理しますか?
  • 過去に経験したストレスの多い状況と、それにどのように対処したかを教えてください。

ストレスマネジメントに関する質問を通じて、応募者がストレスをどのように認識し、効果的に対処するかを理解しようとします。

また、応募者がストレスが原因でパフォーマンスが低下しないような自己管理能力を持っているかを評価します。

ストレスマネジメントの回答例はこちらをご覧ください。

「高いプレッシャーがある状況では、まず優先順位を明確に設定してタスクを管理します。

緊急性の高いタスクから順に取り組み、計画的に業務を進めます。

また、短い休憩を取り入れることで、集中力を維持し、ストレスを軽減します。

過去にはプロジェクトの締め切りが近づいた際にこの方法を実践し、効率的にタスクを完了させることができました。」

ストレスマネジメントに関する質問への回答は、あなたがプレッシャーのある状況でも効率的に業務を遂行できる能力を持っていることを示す機会です。

ストレスを健康的に管理するための自己ケア生活習慣について触れると、バランスの取れたアプローチを示すことができます。

質問11:将来の目標

充実_01

面接における将来の目標に関する質問は、応募者のキャリアプランや職業的な志向を理解するために重要です。

よくある質問例はこちらです。

  • 5年後、または10年後のあなたはどのようなポジションにいたいですか?
  • 将来的に達成したい職業的な目標は何ですか?

将来の目標に関する質問を通じて、応募者の長期的なキャリアプランを理解しようとします。

また、応募者が会社やポジションにどのようにフィットし、長期的に貢献する可能性があるかを評価します。

将来の目標の回答例はこちらをご覧ください。

「5年後には、私は[職種]としてさらに高いレベルの専門知識を持ち、重要なプロジェクトをリードするポジションにいたいと考えています。

この期間で、リーダーシップ能力をさらに発展させ、チームマネジメントにおいてより多くの経験を積みたいと思っています。

また、[特定のスキルや専門知識]を深めることで、貴社の[特定の目標やプロジェクト]に大きく貢献することを目指しています。」

将来の目標に関する質問への回答は、あなたがキャリアに対して明確なビジョンを持ち、達成に向けて積極的に努力していることを示す機会となります。

あなたの将来の目標が応募先の企業のポジションにどのように連動するかを示すことが重要です。

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

転職面接突破のための重要なポイントは3つ

転職サービス_素材14

転職面接を控えているあなたにとって、成功へのカギは適切な準備にあります。

面接の成功はただの偶然ではなく、事前の綿密な対策によって大きく左右されます。

転職面接を成功に導くための重要なポイントを分かりやすく解説します。

面接官の質問への効果的な回答準備から、自信を持って面接に臨むための心構えまで、転職面接を乗り越えるための戦略的なアプローチを提供します。

事前に想定質問の回答を準備をする

一般的な想定質問(自己紹介、転職理由、志望動機など)に対する回答を準備します。

履歴書・職務経歴書に記載された内容に基づいて、具体的な経験や実績について話せるようにします。

下記の事項に注意しながら、想定質問の回答を準備しましょう。

  • 応募企業の会社研究:応募先の会社のミッション、ビジョン、文化、最近のニュースなどをリサーチします。面接終了時に聞ける逆質問を用意します。
  • 職務関連の質問に対応:応募する職種や業界に関連する質問に答えられるように準備します。
  • 状況判断力を示す質問への対応:過去の経験から具体的な状況、行動、結果を挙げることができるようにします。

各質問に対して、具体的かつ誠実な回答を用意し、あなたの経験やスキルを効果的にアピールしましょう。

事前準備は、面接でのパフォーマンスを大きく向上させるため、効果的な準備を行うことが大切です。

面接中のコミュニケーションを意識する

面接_01

面接中のコミュニケーションは、ただ回答をするだけでなく、あなたの人間性、自信、プロフェッショナリズムを示す重要な要素です。

以下に、面接中のコミュニケーションを意識する際のポイントを詳しく説明します。

  1. 明確かつ簡潔に表現する:質問には直接的かつ簡潔に答えます。難しい質問であっても、明確な答えを用意しておくことが重要です。
  2. 自信を持って話す:直立した姿勢で座り、はっきりとした声で話します。自分の回答に自信を持つことが、ポジティブな印象を与えます。
  3. アイコンタクトを保つ:面接官と目を合わせて話すことで、関与と自信を示します。ただし、見つめすぎることは避け、自然なアイコンタクトを心掛けます。
  4. 聞き手としての能力を示す:面接官の質問を注意深く聞き、必要であれば明確化のために質問します。急がず、考えた上で答えることが重要です。
  5. 正直かつ誠実である:誇張せず、事実に基づいた回答を行います。わからないことは正直に伝え、必要に応じて学ぶ意欲があることを示します。

面接中のコミュニケーションは、単に知識やスキルを伝えるだけでなく、あなたの人柄や職場での適応能力を示すための重要な機会です。

これらのポイントを意識して、効果的なコミュニケーションを心掛けましょう。

ビジネスマナーに気を付ける

面接においては、言葉だけでなく、態度やマナーも重要な評価基準です。

面接時の服装や身だしなみにも気を配ります。

面接の時間厳守適切な服装の選択面接官への礼儀正しい態度など、基本的なマナーを忘れずに。また、ポジティブな姿勢を維持し、過度な自己主張を避けることも肝心です。

緊張は当然ですが、リラックスして自信を持って面接に挑むことが、成功への一歩となります。

十分な準備と練習を行い、自信を持って面接に臨みましょう。

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

業界未経験からIT・Web業界への転職を目指す!おすすめの転職サービス

転職サービス_素材01

未経験からIT・Web業界を目指すおすすめの転職サービスはこちらの11つです。

IT・Web業界を目指すおすすめの転職サービス
  1. ビズリーチ:希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
  2. リクルートエージェント:安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
  3. doda(デューダ):希望に合った転職・求人・仕事探しにおすすめ
  4. マイナビAGENT(エージェント):20代・未経験でのキャリアチェンジにおすすめ
  5. マイナビクリエイター:Web・ゲーム・IT業界への転職におすすめ
  6. Geekly(ギークリー):Web業界のクリエイター・デザイナー転職におすすめ
  7. レバテックキャリア:20代~40代のIT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
  8. ワークポート:専任の転職コンシェルジュを利用したい人におすすめ
  9. Green:IT・Web業界にカジュアルに転職したい方おすすめ
  10. Webist(ウェビスト):クリエイター理想の転職したい人におすすめ
  11. Freeks Career(フリークス):未経験からプログラミング転職したい人におすすめ

転職活動は「3ヵ月~6カ月」がかかるといわれています。

意外と時間がかかるって思いませんでしたか?

さすけ

もっと早く登録しておけばよかったです……。

IT・Web業界への転職で迷っているなら、まずは転職サービスに登録しましょう。

未経験からIT・Web業界を目指すおすすめ転職サービスはこちらをご覧ください。

スクロールできます
【広告】 ビズリーチ_ロゴ_01
ビズリーチ
リクルートエージェント_ロゴ_01
リクルートエージェント
doda_ロゴ_01
デューダ(doda)
マイナビエージェント
マイナビAGENT(エージェント)
マイナビワークス_01
マイナビクリエイター
Geekly(ギークリー)_01
ギークリー(Geekly)
レバテックキャリア_01
レバテックキャリア
ワークポート_01
ワークポート
Green_01
Green
ウェビスト(Webist)
ウェビスト(Webist)
Freeks雰囲気
フリークス(Freeks Career)
おすすめ度
総求人数210,000件以上350,000件以上200,000件以上非公開10,000件以上18,000件以上20,000件以上10,000件以上30,000件以上非公開非公開
非公開求人数非公開非公開35,000件以上非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開
転職サービス分類ダイレクトリクルーティング転職エージェント転職サイト、転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト転職エージェント転職エージェント
対応職種全職種対応全職種対応全職種対応全職種対応IT・Web業界IT・Web業界IT・Web業界IT・Web業界IT・Web業界IT・Web業界IT・プログラミング
対応地域全国全国全国全国全国全国全国全国全国全国全国
利用料金無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
条件検索
身バレ防止
公式サイト無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録

おすすめの転職サービスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

転職ロードマップ7ステップのおさらい

転職ロードマップ

未経験からでもIT・Web業界への扉は開かれています。

ただし、その夢を実現させるには明確なロードマップが必要です。

このロードマップを参考にすれば、未経験からでもIT・Web業界への転職を成功させることができます。

転職活動を効果的に進めるには、こちらの7ステップがおすすめです。

IT・Web業界への転職7ステップ
  1. 転職理由(軸)を明確にする
  2. 転職までのスケジュールを立てる
  3. キャリアや強みの棚卸しをする
  4. 転職サイト・転職エージェント登録する
  5. 企業に応募し書類選考を進める
  6. 採用面接を突破し内定をもらう
  7. 退職手続き、入社準備を進める

まずは、あなたの転職したい理由を明確にするところから始めてみましょう。

その後、転職サービスを利用したり、書類作成面接対策と進んでいきましょう。

転職までのロードマップについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:転職面接の流れを理解し、しっかり準備して臨もう!

主な転職面接の流れ_00_1

今回は、面接の流れとよく聞かれる質問についてご紹介しました。

主な転職面接の流れはこちらの5STEPです。

主な転職面接の流れ
  1. 自己紹介
  2. 転職理由
  3. 志望動機
  4. 自己PR
  5. 逆質問

この記事で紹介したポイントを活かし、準備を怠らずに面接に臨んでください。

自信を持って、あなた自身の魅力と能力を存分にアピールすることが、転職成功への道を開くでしょう。

最後に、面接はあなた自身も企業を知る機会であることを忘れずに。あなたにとって最適な職場を見つけるための一歩として、積極的に面接に取り組みましょう。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ハイクラス求人 ビズリーチ

ビズリーチは、20万社以上の企業から厳選された求人を掲載する、ハイクラス転職に特化した求人サイトです。

エージェントの紹介なしで、直接企業とやり取りできるため、転職活動をスピーディーかつ効率的に進めることができます。

ビズリーチの3つの強みはこちらです。

  1. 厳選されたハイクラス求人:年収700万円以上、役職経験者向け求人など、ハイキャリア層の転職活動をサポートします。
  2. スカウト機能:履歴書や職務経歴書を登録するだけで、20万社以上の企業からスカウトが届きます。
  3. マイページ機能:気になる求人をまとめて管理したり、エージェントに相談したりできる便利な機能が充実しています。

ビズリーチは、無料で利用可能です。

いますぐ登録して、あなたに合ったハイレベルな求人を見つけませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

転職面接はどのように進む?主な面接の流れとよくある質問について解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

コメント

コメントする

目次