MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Web業界とは?特徴・サービス・今後について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
【IT・Web未経験者向け】Web業界とは?特徴・サービス・今後について解説_01
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

「未経験からWeb業界へ転職がしたいが、そもそもWeb業界について全く分からない…。」

Web業界について興味を持ちつつも、結局のところどんな業界か分かりにくいですよね…。

結論、業界未転職からの転職を成功させるためには、Web業界に関する知識をしっかりと把握する必要があります。

本記事はこんな方におすすめです!
  • これからWeb業界で働きたい
  • Webディレクターの仕事に役立てたい
  • Web制作に関する知識やスキルを身につけたい

今回は、接客業、IT業界を経て、現役Webディレクターである私が、Web業界の特徴・サービス・今後、IT業界との違いについてご紹介します。

未経験からの転職だからこそ、Webの知識や理解を深めてから転職に向けて準備しましょう。

さすけ

Web業界で働きたいけど、何から始めればいいか分からないんだよなあ……。
みたいな方におすすめの記事です!!!

ぜひ最後までご覧ください。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

そもそもWeb業界とは?

転職サービス_素材02

Web業界とは、インターネットを介してサービスを提供する業界のことです。

Webサイト制作、Webサービスの開発・運営、Webデザイン、システム開発・運用・保守、インターネットメディアの運営など、Webブラウザを使った制作やサービス全般に携わる業界です。

インターネットの普及とともに急速に成長し、IT革命以降インターネットが一般家庭にも普及し始めると、WebサイトやWebサービスへの需要が急増しました。

将来性_01

Web業界の代表的な企業は、GoogleAmazonFacebookLINEYahoo! JAPANなどです。これらの企業は、世界中の人々に利用されるWebサービスを提供しており、Web業界の発展を牽引しています。

今後も、新たなWebサービスやテクノロジーの登場により、Web業界はさらに拡大していくことが予想されます。

IT業界とWeb業界の違い

転職サービス_素材03

Web業界とIT業界はともにインターネットに関係している業界ですが、意味を確認しましょう。

IT業界の情報処理を中心とした技術全般は、「ハードウェア業界」「ソフトウェア業界」「情報処理サービス業界」「Web業界」の4つに分類されます。

Webは、文字や画像、動画などの電子データをやり取りするネットワークが相互に接続し合って、巨大なネットワークを形成したシステムです。

IT業界は情報処理を中心とした技術全般を扱う業界、Web業界は様々な電子データをネットワークを通じてやり取りするシステムを扱う業界です。

さすけ

Web業界で働くことの魅力はパソコンとネット環境で完結できる(ことが多い)という点です!

IT(Information Technology)とは…

情報技術のこと。

Web(World Wide Web)とは…

ネットワークのこと。

主なWebサービスの種類について

Webサービスの種類-1

Webサービスの種類は大きく分けてこちらの8つです。

Webサービスの種類
  1. eコマース
  2. ポータルサイト
  3. SNS
  4. ソーシャルゲーム
  5. キュレーション
  6. 電子書籍
  7. eラーニング
  8. Web広告
さすけ

順番にご紹介します!

Webサービス1:eコマース

Webサービスの種類-2

eコマース(電子商取引)とは、インターネットを使ってさまざまな商品を売買できる、電子取引サービスの総称です。

ネットショップやネット通販を表す言葉で、主に企業と消費者のやり取りを表す時に使います。

主に企業同士の取引であるBtoB、企業と消費者間での取引であるBtoC、消費者同士の取引であるCtoCの3つに分けられます。

eコマースの代表的な事例としては、楽天Amazonなどです。

サービスは実店舗を構える必要がなく、維持コストなどを削減できるメリットがあります。

さすけ

スマートフォンの普及により、ネットにつながっていればどこでも利用ができるため、多くの人がeコマースを利用するようになりました!

Amazonや楽天などを始めとした巨大なeコマース企業も増えているため、今後もさらに発展していく分野といえるでしょう。

Webサービス2:ポータルサイト

Webサービスの種類-3

ポータルサイトとは、知りたい情報などを探すときに利用される検索サイトのことです。

WEB業界ではポータルサイトの作成から運営まで、サイトに関わる仕事全般を扱うのが一般的です。

なお、ポータルサイトにもいくつかのジャンルがあり、総合系、地域系や専門情報系などがあります。有名なポータルサイトの代表的な事例として、GoogleYahoo!などが挙げられます。

総合ポータルサイトは扱う情報量が膨大なため、更新作業など仕事内容は多岐に渡ります。

対して、特定のジャンルに特化しているポータルサイトは、専門分野の知識を活かした運営が必要です。

Webサービス3:SNS

Webサービスの種類-4

SNSとは「ソーシャルネットワーキングサービス」の略で、インターネットを使った無料の情報をシェアするサービスです。

情報の発信や検索などが簡単に行えるサービスで、人間関係の構築も図れます。SNSの代表的な事例には、TwitterInstagramなどが挙げられます。

さすけ

自分が伝えたい内容を発信したり、検索システムを使って興味のある分野を調べたり情報をシェアできたりします!

SNSは個人が情報を発信するのがメインでしたが、近年SNSを活用してマーケティングを行う企業も増えており、Web業界で重要視されている分野のひとつです。

Webサービス4:ソーシャルゲーム

Webサービスの種類-5

ソーシャルゲームとは、パソコンやスマートフォンなどで不特定多数の人と交流し、遊ぶことができるゲームのことです。

気軽に遊べて人気があるため、収益力のある分野として注目を集めているWebサービスのひとつです。ソーシャルゲームの代表的な事例には、パズドラモンスターストライクなどが挙げられます。

さすけ

ソーシャルゲームの開発は様々な専門的知識が必要になり、制作期間もかなりかかります!

そのため、複数の会社と連携をしてソーシャルゲームを構築する場合もあり、多くのWeb業界関係者が関わっているのです。

Webサービス5:キュレーション

Webサービスの種類-6

キュレーションとは、さまざまなネット媒体のニュースをまとめたWebサービスのことです。

各ネットニュースのサイトは、それぞれの取材を元に記事を構成しているため、その媒体でしか公開されていない情報があります。

代表的な事例には、グノシーSmartNewsなどがあります。

さすけ

キュレーションサイトで、各社のネットニュースの情報をひとつにまとめて閲覧できます!

現在のキュレーションでは、ただ記事をまとめているだけではなく、キュレーション内でユーザーが参加して交流ができるなど進化を遂げています。

Webサービス6:電子書籍

Webサービスの種類-7

電子書籍は、様々な書籍をスマホやPCで読むことができるサービスです。

電子書店などの販売サイトで購入したり、アプリをダウンロードしたりして利用ができます。通勤や通学、仕事の合間などに漫画や小説などを読むのに向いています。

サービス提供の形態は、基本無料や定額制が一般的です。

代表的な事例には、Kindleストア楽天Kobo電子書籍ストアなどが挙げられます。

実際の書籍を購入するよりも安く読めるため、電子書籍の分野は今後も成長していくでしょう。

Webサービス7:eラーニング

Webサービスの種類-8

eラーニングとは、主に通信教育などの学習をインターネットを通じて学べるサービスのことです。

通信教育と呼ばれることもある学習サービスで、学習効果の向上と共にコスト削減を図れます。大きなメリットとして、いつでもどこでも学びたい時に学ぶことができることです。

さすけ

自宅だけでなく外出先など、場所を問わずに学習ができるようになります!

生徒と講師とのコミュニケーションを活発化することによって、より効果的な学習が可能です。

Webサービス8:Web広告

Webサービスの種類-9

Web広告とは、ホームページなどのWebサイトに、広告を表示するサービスのことです。

広告のタイプは、画像や文字、動画があり、種類が多様です。

代表的な事例には、リスティング広告アドネットワーク広告記事広告などがあります。

さすけ

ターゲットの絞り込みや配置位置なども踏まえて、どのような種類が適しているのかを考えながら作成していきます!

テキストや画像が一般的でしたが現在では、高画質でWebサイトなどを閲覧できることで、動画を用いた動きのある広告が増えてきています。

主なWeb系職種について

転職サービス_素材04

主なWeb系職種はこちらの5つです。

主なWeb系職種
  1. Webディレクター
  2. Webプログラマー
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. Webマーケター
さすけ

順番にご紹介します!

職種1:Webディレクター

Web業界の職種 指揮系の職種 Webディレクター
スクロールできます
職種名Webディレクター
年収400~500万円
主な仕事内容Webサイトの要件定義・設計
Webサイトのプロジェクト進行管理
Webサイトの運用・改善
必要なスキルヒューマンスキル
Web制作全般スキル
プロジェクト管理スキル
課題発見・解決スキル
企画立案・提案スキル
Webトレンドを取り入れスキル

Webディレクターは、WebサイトやWebサービスの制作を担当するチームのリーダーです。

クライアントの要望をヒアリングし、WebデザイナーやWebエンジニアと協力して、WebサイトやWebサービスの企画・設計・開発・運用・保守を統括します。

Webディレクターを目指す場合は、多くのスキルや経験を身につけることが重要です。

さすけ

Webスクールに通ったり、独学で勉強したり、Web制作会社でインターンやアルバイトをしたりしながら、必要なスキルや経験を身につけましょう!

Webディレクターのなり方について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

職種2:Webプログラマー

Web業界の職種 作業系の職種 Webプログラマー
スクロールできます
職種名Webプログラマー
年収400~600万円
主な仕事内容Webサイトのシステム開発
Webサイトのプログラム開発
Webサイトのテスト・デバック
必要なスキルプログラミングスキル
論理的思考力
問題解決能力

Webプログラマーは、プログラミング言語を用いて、WEBサイトのシステムの構築や開発を行う職種です。

Webサイト・モバイルサイト・ECサイトなどで使用する機能の開発やITシステム・アプリケーションなどの設計・開発、運用・保守まで、Web開発全般を行います。

Webプログラマーが活用するプログラミング言語は、 PHPJavaRubyHTMLなど、Webサイト・サービスによって異なります。

さすけ

転職する際には、あなたが習得しているプログラミング言語を明らかにする必要があります!

ですので、Webプログラマーとしては、1つでも多くのプログラミング言語を深く習得することが大切です。

職種3:Webデザイナー

Web業界の職種 作業系の職種 Webデザイナー
スクロールできます
職種名Webデザイナー
年収300~400万円
主な仕事内容デザインラフの作成
デザインコーディング
デザインの修正・調整
必要なスキルデザインスキル
コーディングスキル
コミュニケーションスキル

Webデザイナーは、その名の通りWebサイトのデザインを行う職種です。

Webサイトの制作の配色レイアウトフォントなど、デザインに関することは全て担当します。

Webサイトのコーディングを行うことも求められ、Webサイトの使いやすさや見やすさなどを意識してデザインする必要があります。

Webサイトを運用する目的に沿って、仕事内容を変える必要があるため、企業によってデザイン方法などは異なります。

そして、Webサイトには「流行」があるので、常に最新トレンドを追いかけることが大切です。

職種4:Webライター

Web業界の職種 作業系の職種 Webライター
スクロールできます
職種名Webライター
年収300~400万円
主な仕事内容Webコンテンツ制作
Web原稿の執筆
Web原稿の校正・修正
必要なスキル文章力
情報収集力
編集力

Webライターは、WebサイトやWebサービスのコンテンツを制作する職種です。

Webサイトに掲載するブログ・コラム記事ネット広告コピーECサイトの説明文など、Webライターは幅広い内容のWebライティングを行います。

紙媒体のライターとは異なり、SEOやWebマーケティングに関する知識や、クライアントの求める文章を執筆する必要があります。

最近では、自社のWebメディアなどを運用している企業が増えていて、正社員として採用されることが多くあります。

自社の商品やサービスを紹介する専属ライターや、ライティングを請け負う会社に所属し、クライアントからの依頼に基づいて文章を書くWebライターも存在します。

さすけ

企業に勤めるのではなくフリーランスとして活躍されている方や、主婦の方や会社員が副業としてライティングをしているケースもあります!

WebサイトやWebサービスの文章や画像などのコンテンツを作成します。

Webライターの種類には、以下のようなものがあります。

  • 企業で働くWebライター
  • フリーランスのWebライター
  • 在宅ワークのWebライター
さすけ

Webライターを目指す場合は、自分の働き方やライフスタイルに合わせて、適切な職種を選択することが大切です!

職種5:Webマーケター

Web業界の職種 作業系の職種 Webマーケター
スクロールできます
職種名Webマーケター
年収500~600万円
主な仕事内容マーケティング戦略の立案・実行
ターゲットユーザーの分析
マーケティング施策の企画・実施
必要なスキルマーケティングスキル
データ分析スキル
コミュニケーションスキル
企画力
実行力

Webマーケターは、WebサイトやWebサービスの集客・分析・改善を担当する職種です。

SEOSEMSNSマーケティングなどの手法を用いて、WebサイトやWebサービスの訪問者を増やします。

マーケティングスキルの向上で、より効果的なマーケティング施策を立案・実行できるようになります。

さすけ

Webマーケターを目指す場合は、スキルや経験を身につけることが重要です!

WebディレクターからWebマーケターへのキャリアパスは、以下のようなステップで進むのが一般的です。

  • Webディレクターとしての経験を積む:Webサイトの企画・設計・制作・運用・改善の各フェーズを経験することで、Webマーケティングの基礎的な知識やスキルを身につけます。
  • Webマーケティングのスキルを身につける:アクセス解析、SEO、SEM、ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティング、メールマーケティングなどのスキルを身につけます。
  • Webマーケターとしての経験を積む:Webマーケティングの専門会社や事業会社への転職や、Webマーケティングのプロジェクトに参加します。

WebディレクターからWebマーケターへのキャリアパスは、比較的スムーズに転職やキャリアアップができる道と言えます。

さすけ

Webマーケティングのスキルを身につけて、Webマーケターとして活躍を目指しましょう!

Webマーケティングスクールに通ったり、独学で勉強したり、Webマーケティング会社でインターンやアルバイトをしたりしながら、必要なスキルや経験を身につけましょう。

Web系職種について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Web業界に向いている人とは?

キャリア

Web業界には、どんなタイプの人が向いているのはこのような人です。

Web業界に向いている人
  1. 論理的思考力がある
  2. 向上心がある
  3. コミュニケーション能力がある


Web業界は、常に新しい技術やトレンドが生まれ、変化し続けている業界です。

Web業界で活躍するためには、上記のような特徴を持つ人が向いているといえるでしょう。

さすけ

順番にご紹介します!

向いている人1:論理的思考力がある

Web業界の仕事では、さまざまな情報やデータの中から、必要な情報を抽出し、分析する必要があります。

そのため、論理的思考力は欠かせないスキルです。

Web業界では、さまざまな情報やデータを利用して、企画を立てたりプロジェクトを進めたりします。

そのため情報やデータを的確に分析し、それを倫理的に考えられる力が求められるでしょう。

向いている人2:向上心がある

タイミング_01

Web業界は、常に新しい技術やトレンドが生まれ、変化し続けている業界です。

そのため、常に新しい情報を学び、スキルをアップデートしていく向上心が求められます。

常に新しい情報をインプットして、学習していく意欲が必要となります。時代の最先端をいくWebサービスを提供するためには、時代の変化にあわせてあなた自身も向上していくことが大切です。

向いている人3:コミュニケーション能力がある

IT・Web業界の仕事では、クライアントやエンジニア、デザイナーなど、さまざまな人とコミュニケーションをとる必要があります。

IT・Web業界では、パソコンに向かって黙々と仕事するイメージがあるかもしれません。

しかし、制作側のメンバーやクライアントとのやりとりなど、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

オフライン(対面)の必要性が他業界よりも少ないことから、リモートワークについて導入が進んでいます。

Web業界への転職7ステップ

転職ロードマップ

未経験からでもIT・Web業界への扉は開かれています。

ただし、その夢を実現させるには明確なロードマップが必要です。

このロードマップを参考にすれば、未経験からでもIT・Web業界への転職を成功させることができます。

転職活動を効果的に進めるには、こちらの7ステップがおすすめです。

IT・Web業界への転職7ステップ
  1. 転職理由(軸)を明確にする
  2. 転職までのスケジュールを立てる
  3. キャリアや強みの棚卸しをする
  4. 転職サイト・転職エージェント登録する
  5. 企業に応募し書類選考を進める
  6. 採用面接を突破し内定をもらう
  7. 退職手続き、入社準備を進める

まずは、あなたの転職したい理由を明確にするところから始めてみましょう。

その後、転職サービスを利用したり、書類作成面接対策と進んでいきましょう。

転職までのロードマップについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

今後のWeb業界について

転職サービス_素材15

IT業界の中でも特にWeb業界は、今後も大きく発展していくと考えられています。

スマホの普及やコロナの影響と要因もあり、Webサービスは年々増加しているため、Web業界への注目は高まり続けています。

今後のWeb業界のトレンドとして、以下の5つが挙げられます。

今後のWeb業界のトレンド
  1. 5Gの普及
  2. メタバースの台頭
  3. データ活用の進展
  4. クラウドサービスの拡大
  5. セキュリティの強化
さすけ

順番にご紹介します!

Web業界のトレンド1:5Gの普及

5Gの普及により、Webサイトやアプリの表示速度が向上し、より快適なユーザー体験を提供できるようになるでしょう。

また、5Gの低遅延性大容量通信を利用した、新たなサービスやアプリケーションの開発が期待されています。

Web業界の市場規模はまだ小さいものの、着実に伸び続けていく業界なのです。

Web業界のトレンド2:メタバースの台頭

メタバースの台頭により、Web上の仮想空間で人々が交流や体験を共有する機会が増えるでしょう。

自社サービスの提供や宣伝に利用したり、IT以外の企業でもサービスの高い需要がうかがえます。

メタバース上でのビジネス展開が活発化していくことが予想されます。

Web業界のトレンド3:データ活用の進展

AIや機械学習の進展により、Web上で収集したデータを活用したマーケティングやカスタマーサービスがさらに進化していくでしょう。

また、データ活用を基盤とした新たなビジネスモデルが生まれてくると考えられます。

WebエンジニアWebデザイナーWebマーケターなどの枠を超えた、新たなWeb業界の専門人材の需要が拡大していくでしょう。

Web業界のトレンド4:クラウドサービスの拡大

クラウドサービスの拡大により、Webサイトやアプリの開発・運用コストが削減され、中小企業や個人でもWebサービスを展開しやすくなります。

また、クラウドを活用した新たなサービスアプリケーションの開発が進んでいくでしょう。

中小企業や個人でWebサービスを展開しやすくなり、新たなプレイヤーの参入が増えていくと考えられます。

Web業界のトレンド5:セキュリティの強化

サイバー攻撃の脅威の高まりを受け、Webサイトやアプリのセキュリティ対策がますます重要になってきます。

人工知能(AI)IoTなどの技術の普及によって、あらたな脅威へのセキュリティ対策の開発が進んでいくでしょう。

新たなセキュリティ技術やトレンドに対応できる人材の需要が高まっていくと考えられます。

まとめ:Web業界への理解を深め、Web業界に挑戦しよう!

今回は、Web業界の特徴・サービス・今後、IT業界との違いについてご紹介しました!

  • IT業界とは、情報処理を中心とした技術全般を扱う業界のこと
  • Web業界とは、様々な電子データをネットワークを通じてやり取りするシステムを扱う業界のこと
  • IT・Web業界に向いている人は、論理的思考力、向上心、コミュニケーション能力がある人
  • IT・Web業界には、未経験者でも中途で転職しやすい職種がある
  • IT・Web業界は、トレンドの流れを受けて今後も大きく発展していく

さまざまなWebサービスが人々の生活を支えるようになったため、Web業界はこれからも発展し続けます。

業界の発展のためには人材が必要となるので、未経験の人でも十分に転職のチャンスがあります。

IT・Web業界をしっかり理解して、新しいキャリアの積み上げを目指しましょう。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ビズリーチ_01
出展:ビズリーチ

\転職への漠然とした悩み、ビズリーチで解決できます!/

  • スマートにキャリアアップを実現させたい
  • 希少な高年収職に出会うチャンスを掴みたい
  • ヘッドハンターによる転職サポートを受けたい

登録後、あなたに届く求人・オファーを確認して、今の市場価値をチェックしましょう。

ビズリーチで、これからのキャリアの可能性を広げてみませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

【IT・Web未経験者向け】Web業界とは?特徴・サービス・今後について解説_01

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

目次