MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Webクリエイター能力認定試験ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webクリエイター能力認定試験ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)
悩んでいる人

「Webクリエイターになりたいけど、Webクリエイター能力認定試験って難しいの?」

悩んでいる人

「合格にはどんな勉強が必要?どれくらいの時間勉強すればいいの?」

Webクリエイターとして活躍したいあなたなら、このような疑問を持っているのではないでしょうか?

この記事では、Webクリエイター能力認定試験の概要と、効率的な勉強方法、合格に必要な勉強時間について解説します。

この試験に合格することで、Webクリエイターとしてのスキルと知識を証明することができます。就職や転職活動に有利になるだけでなく、フリーランスとして独立する際にも役立ちます。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Webクリエイター能力認定試験の概要

Webクリエイター能力認定試験
出展:株式会社サーティファイ
スクロールできます
サービス名Webクリエイター能力認定試験
運営株式会社サーティファイ
受験料5,900円(税込)
受験資格特になし
試験時間70分
出題数85問
合格基準正答率70%以上
公式サイト【公式】https://www.sikaku.gr.jp/web/wc/

Webクリエイター能力認定試験は、W3Cが策定する仕様に準拠したマークアップスキルを測定する資格試験です。

W3Cとは、Web業界で世界最高位の団体であり、Webサイト制作に必要な技術開発とその標準化を行っている団体です。

出題される問題は、Internet ExplorerChromeFirefoxSafariなどといったマルチブラウザに対応しています。

近年のWebサイトは、CSSによる汎用性と利便性を重視されています。

Webページのソースコードの正しい書き方を身に付き、アクセシビリティユーザビリティに配慮した質の高いWebページの作成につながります。

資格を取得することによって、現場の実情に即した実践的スキルを証明することができます。

\ サイト制作におけるコーディング&デザインスキルを実証する/

Webクリエイター能力認定試験の試験範囲

汎用_12

Webクリエイター能力認定試験は、スタンダードエキスパートの2つのレベルがあり、それぞれ試験範囲が異なります。

スクロールできます
科目単元項目主な内容スタン
ダード
実技
エキス
パート
実技
エキス
パート
知識
制作環境
 ファイルの操作保存/複製/拡張子/ファイル名
テキスト/ソースの操作コピー&ペースト/入力/変更/削除
ブラウザー/ドメインブラウザー名/レンダリングエンジン/名称と用途/URL/スキーム
ファイルの種類
 HTML/CSSHTML/CSS言語の特徴、構造とデザインの分離
画像GIF/JPEG/PNGファイルの特徴、ビットマップ形式の特徴
JavaScriptJavaScript言語の特徴、動的コンテンツの特徴 
SVG/Webフォントベクトル形式の特徴、フォントの表示形式の特徴  
動画/音声/リッチコンテンツ動画と音声の特徴、リッチコンテンツ(Flash)の特徴  
Webサイトの構成と設計
 ページ構成
 基本ページ/フォーマット
トップページ
テキストと画像のページ
テーブルのページ
フォームのページ
サムネイルのページ 
レスポンシブWebデザインの対応 
レイアウト/パーツ設計
 ヘッダー領域/フッター領域
ナビゲーション領域
コンテンツ領域/メイン領域/サブ領域
バナー/ボタン
動的コンテンツ 
ユーザビリティ/アクセシビリティ
 タイトル/見出しの統一タイトルと見出しのルール
文字色と背景色文字色と背景色のコントラスト
パンくずリストWebサイトの現在位置 
ページ内リンクの移動ページの先頭、アンカー 
ユーザー導線ファーストビュー/Z軸/F軸/E軸  
テキスト/リンク文字サイズ/下線の表示/未読リンクと既読リンクの明確化  
ボタン/アイコン矢印/メタファー/アフォーダンス  
色や形の表示色に左右されないWebページの表示  
画像alt属性の配慮、凡例表示の配慮  
日付/金額/単語中のスペース音声ブラウザー対応  
PDF/動画/フォーム/ダウンロードの取り扱い注釈/説明/サイズの表示と配慮  
HTML
 セマンテック/コンテンツモデル/カテゴリー(X)HTML5の概念
HTML5の移行HTML 4.01/XHTML 1.0からの移行  
文字参照/実体参照記号の記述
コメント<!– –>
基本構造文書型宣言/html要素/head要素/body要素/title要素/文字エンコード
外部スタイルシート
 外部スタイルシートの読み込みlink要素/CSSファイルの読み込みに関連する属性
メディアクエリーlink要素/メディアクエリーに関連する属性 
汎用コンテナーdiv要素/span要素
ID名/クラス名id属性/class属性
見出し/段落/改行h1~h6要素/p要素/br要素
重要/コピーライト/連絡先strong要素/small要素/address要素
リストul要素/ol要素/li要素/dl要素/dt要素/dd要素/関連する属性
ハイパーリンク
 フレージングコンテンツフレージングコンテンツに対応するa要素/関連する属性
フローコンテンツフローコンテンツに対応するa要素/関連する属性 
画像img要素/関連する属性
テーブル
 行と列/見出しセル/キャプションtable要素/tr要素/td要素/th要素/caption要素/関連する属性
セルの結合colspan属性/rowspan属性
表の区分thead要素/tbody要素/tfoot要素 
フォーム
 フォームの範囲form要素/関連する属性
テキストフィールドinput要素/type属性(text)と関連する属性
テキストエリアtextarea要素/関連する属性
ラベルlabel要素/関連する属性
送信ボタンinput要素/type属性(submit、image)と関連する属性
指定のある入力フォームinput要素/type属性(tel、email)と関連する属性/required属性 
選択フォームinput要素/type属性(checkbox、radio)と関連する属性/select要素/option要素/関連する属性 
ヘッダー/フッターheader要素/footer要素
セクションarticle要素/section要素/nav要素/aside要素
日時time要素/関連する属性 
図版figure要素/figcaption要素 
スクリプトscript要素/noscript要素 
CSS
 文字エンコード@charset/関連する値
コメント/* */
外部スタイルシート@import/関連するパスとファイル名
セレクター/プロパティ
 ユニバーサルセレクター/タイプセレクター
IDセレクター/クラスセレクター
子孫セレクター/セレクターのグループ化
リンク疑似クラス/ユーザーアクション擬似クラス
属性セレクター 
構造疑似クラス 
CSSの優先順位(詳細度の計算方法/!important)  
スタイル
 表示display/関連する値
リストlist-style/関連する個別のプロパティ/関連する値
幅/高さwidth(最大幅、最小幅含む)/height(最大高さ、最小高さ含む)/関連する値
マージン/パディングmargin/padding/関連する個別のプロパティ/関連する値
ボックスoverflow/関連する個別のプロパティ/関連する値
ボックスの透明度opacity/関連する値
ボーダーborder/関連する個別のプロパティ/関連する値
配置position/top/bottom/left/right/関連する値
フロート/フロートの解除float/clear/関連する値
文字色/フォントcolor/font/関連する個別のプロパティ/関連する値
テキストtext-indent/text-decoration/text-align/vertical-align/関連する値
テーブルtable-layout/border-collapse/border-spacing/関連する値
背景(単体指定)background/関連する個別のプロパティ/関連する値(単体指定)
背景(複数指定)background/関連する個別のプロパティ/関連する値(複数指定) 
技法/スタイリング
 リセットCSS/ノーマライズCSS
見出し/ボタンのスタイリング
マージンによる左右中央揃え
clearfix
CSSスプライト/CSSシグネチャ 
交互する背景色 
ビジュアルデザインと配色
 ビジュアルデザイングリッドシステム/縦横比(黄金比、白銀比、和のシェイプ、1/3)/グループ化・規則化(近接、整列、反復、対比、開閉)/タイポグラフィ/カーニング/ジャンプ率/シンメトリー  
配色70:25:5の法則(ベースカラー・メインカラー・アクセントカラー)/色の寒暖/色の軽重/色の遠近/色の三原色/色の三属性(色相・彩度・明度)/トーン/Webカラー  
画像加工の操作トリミング/リサイズ/カラー補正/各種エフェクト  
ビジュアルデザインと配色
 プライバシーポリシー/SSL/サイトマップ/バリデート/
ファイル転送

\ サイト制作におけるコーディング&デザインスキルを実証する/

Webクリエイター能力認定試験合格に必要な勉強時間

汎用_83

Webクリエイター能力認定試験の合格に必要な勉強時間は、個人のスキルや経験、学習方法によって大きく異なります。

スタンダートは、約24~40時間、エキスパートは、約38~60時間といわれています。

すでにHTML/CSS/JavaScriptなどの知識があるか、Web制作の実務経験があるかで必要時間は大きく変わります。

過去問題を解くことで、試験の形式や問われる内容の傾向を把握し、対策を練ることができます。

\ サイト制作におけるコーディング&デザインスキルを実証する/

Webクリエイター能力認定試験の勉強方法

汎用_86

Webクリエイター能力認定試験の合格率を上げるには、以下の対策が有効です。 Webクリエイターは、ウェブ解析とマーケティングの基礎を学ぶために受験される方が増えています。

  • 学習計画を立てる:目標設定と具体的な学習スケジュールを作成しましょう。通勤時間や休憩時間などを学習に充てるようにしましょう。
  • 集中できる環境を作る:周囲の雑音を遮断し、集中できる環境を整えましょう。
  • 分からないことはすぐに調べる:わからないことがあれば、インターネットや参考書で調べるようにしましょう。

試験範囲は予告なく変更される場合があるので、最新情報を確認することをおすすめします。

\ サイト制作におけるコーディング&デザインスキルを実証する/

Webクリエイター能力認定試験の申し込み手順

汎用_89

Webクリエイター能力認定試験の申し込み手順はこちらをご覧ください。

STEP

試験内容確認

出題形式・認定基準・出題範囲・受験料について事前にご確認ください。

※当試験をご受験いただくには、事前に「資格受付 ONLINE」へのアカウント登録(無料)が必要です。

アカウントのご登録をいただいた後、試験会場へご連絡いただくとお申込みがスムーズです。

Webクリエイター能力認定試験サイトはこちら>>

STEP

受験会場検索

「随時試験受験会場検索」ページより、「都道府県」「受験級」「受験バージョン」を選択の上、受験会場を検索してください。

試験や都道府県により、随時試験を受験可能な会場が検索されにくいことがあります。

STEP

受験会場への連絡・試験日時等確認

受験を希望する会場に対して、電話やメール等によりご連絡の上、サーティファイ試験の受験を希望することを伝え、以下の内容をご確認ください。

  • 試験日時
  • 受験申込期間
  • 会場の所在地(地図・Webサイト等用意されている会場もあります)
  • 実施環境(希望するツールやブラウザ)
  • 受験申込方法/受験料支払方法
  • 資格受付ONLINEへのアカウント登録有無
STEP

受験申込・受験料支払い(各試験会場宛)

会場が指定する方法により、直接会場へ受験申込を行ってください。受験料金はお申込みの際、会場にお支払いください。

STEP

受験

試験当日は時間厳守で会場にいきます。開始時間を過ぎた場合は、受験できなくなる場合があります。

身分証およびその他試験会場から指定されたものがあればご用意ください。

STEP

受験結果受領

試験後1か月を目処に合否通知メールが送信されます。

資格受付ONLINEのマイページにログインし、合否結果をご確認ください。

※合格者には「オープンバッジ」「デジタル認定証明書」を発行します。

\ サイト制作におけるコーディング&デザインスキルを実証する/

Webクリエイター能力認定試験おすすめの公式問題集

汎用_95

Webクリエイター能力認定試験の合格を目指すには、公式問題集を有効活用することが重要です。

公式問題集は、実際の試験問題を解くことで、試験形式に慣れることができ、自分の弱点を把握することができます。

Webクリエイター能力認定試験(HTML 4.01対応)公認テキスト&問題集(初級)改訂3版

最新の試験範囲に対応したスタンダードレベルの問題集です。

2020年以降の過去問と模擬試験を収録しており、本番の試験形式に慣れることができます。

問題解説が丁寧で、理解を深めることができます。

Webクリエイター能力認定試験HTML5対応スタンダード公式テキスト サーティファイWeb利用・技術認定委員会公認

サーティファイが主催するWebクリエイターに必要とされる、Webサイト制作のデザイン能力およびWebページのコーディング能力を認定する試験の対策問題集です。

スタンダード試験に対応した模擬試験問題(3回)とサンプル問題(1回)で構成されています。

Webクリエイター能力認定試験のメリット

汎用_39

この試験に合格することで得られるメリットは、大きく分けて3つあります。

Webクリエイター能力認定試験のメリット
  1. Web制作の基礎知識が身につく
  2. IT・Web業界の就職・転職時に有利
  3. 資格手当や報奨金がもらえる場合がある
さすけ

順番にご紹介します!

Web制作の基礎知識が身につく

Webクリエイター能力認定試験は、HTMLCSSJavaScriptなどのWeb制作の基礎知識に関する試験です。 合格するためには、これらの知識をしっかりと理解する必要があります。

この試験に合格することで、Web制作に必要な基礎知識を体系的に身につけることができます。

Webクリエイター能力認定試験に合格することは、自分のスキルと知識を客観的に証明することができます。

自信を持つことで、仕事やプライベートにおいても積極的に行動できるようになります。

IT・Web業界の就職・転職時に有利

汎用_94

Webクリエイター能力認定試験は、IT・WEB業界Webクリエイターとして就職・転職する際に有利な資格です。

多くの企業では、Web制作のスキルと知識を証明する資格を持っていることを評価します。この試験に合格することで、就職・転職活動でアピールポイントを増やすことができます。

おすすめの転職サービスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

資格手当や報奨金がもらえる場合がある

一部の企業では、Webクリエイター能力認定試験に合格した社員に資格手当報奨金を支給している場合があります。

これは、会社の業績向上に貢献できるスキルを持っていることを評価したものです。

この試験に合格することで、収入アップにつながる可能性があります。

\ サイト制作におけるコーディング&デザインスキルを実証する/

IT・Web業界で活躍できるおすすめWeb資格

Webディレクター_素材03

キャリアアップ・スキルアップを目指すなら、自分の興味関心やスキル・経験に合わせて、適切な資格を取得するようにしましょう。

資格を取得するだけでなく、実務経験やスキルアップのための自己学習が大切です。

スキルアップ・キャリアップするためにおすすめのWebスキル・資格はこちらの9つです。

IT・Web業界で活躍できるおすすめ資格
  1. Webリテラシー試験(Webアソシエイト)
  2. Webディレクション試験(Webディレクター)
  3. Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  4. Webクリエイター能力認定試験
  5. ウェブデザイン技能検定
  6. ネットマーケティング検定
  7. ウェブ解析士認定試験
  8. SEO検定
  9. ウェブマスター検定

転職未経験からWeb業界を目指す人は、まずはWeb関連の資格を取得することがおすすめです。

さすけ

資格取得を目指すことで、新しい技術やトレンドを学び、自分のスキル・知識を身に付けることができます!

Web関連の資格を取得を目指しながら、Web業界への転職を有利にしたり、年収アップ・キャリアアップを目指しましょう!

おすすめのWeb資格について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:Webクリエイター能力認定試験でIT・Web業界で活躍しよう!

Webクリエイター能力認定試験ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説

今回は、Webクリエイター能力認定試験についてご紹介しました!

Webクリエイター能力認定試験は、Webクリエイターを目指す方にとって非常に有益な資格です。

この試験に合格することで、Web制作のスキルと知識を証明し、就職・転職フリーランスとしての独立収入アップ自信など、様々なメリットを得ることができます。

Webクリエイターとしてキャリアアップを目指している方は、ぜひこの試験に挑戦することをおすすめします。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ハイクラス求人 ビズリーチ

ビズリーチは、20万社以上の企業から厳選された求人を掲載する、ハイクラス転職に特化した求人サイトです。

エージェントの紹介なしで、直接企業とやり取りできるため、転職活動をスピーディーかつ効率的に進めることができます。

ビズリーチの3つの強みはこちらです。

  1. 厳選されたハイクラス求人:年収700万円以上、役職経験者向け求人など、ハイキャリア層の転職活動をサポートします。
  2. スカウト機能:履歴書や職務経歴書を登録するだけで、20万社以上の企業からスカウトが届きます。
  3. マイページ機能:気になる求人をまとめて管理したり、エージェントに相談したりできる便利な機能が充実しています。

ビズリーチは、無料で利用可能です。

いますぐ登録して、あなたに合ったハイレベルな求人を見つけませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Webクリエイター能力認定試験ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

コメント

コメントする

目次