MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webリテラシー試験(Webアソシエイト)ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)
悩んでいる人

「Webリテラシー試験(Webアソシエイト)って必要?転職や就職に役立つ??」

この記事では、このような悩みに答えます。

「Webリテラシーって何?」「どんな試験なの?」「勉強方法は?」など、疑問点も多いのではないでしょうか。

Webに関わる仕事に就きたい、あるいはスキルアップを目指したい方にとって、Webリテラシー試験(Webアソシエイト)は非常に役立つ資格です。

試験に合格することで、Webに関する幅広い知識とスキルを証明することができます。転職や就職活動はもちろん、スキルアップやキャリアアップにも役立つでしょう。

この記事では、Webリテラシー試験の概要、勉強方法、合格に必要な勉強時間、さらには試験対策のポイントまで詳しく解説します。

この記事を参考に、Webリテラシー試験合格を目指してください。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)の概要

Webリテラシー検定
Web検公式サイト
スクロールできます
サービス名Webリテラシー試験(Webアソシエイト)
運営株式会社ボーンデジタル
受験料11,000円(税込)
受験資格特になし
試験時間90分
出題数85問
合格基準正答率70%以上
公式サイト【公式】https://webken.jp/literacy/

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)とは、社団法人 全日本能率連盟登録資格であり、仕事でWebに関わるすべての人の共通語となる標準的な知識の整理・構築を目的とした試験です。

ビジネスでWebに関わる全ての人の標準的な知識の整理・構築を目的とした資格認定制度です。

試験問題の設計・企画にWeb制作企業、コンサルティングファーム、一般企業、教育機関など多くの専門家、実務家などが参画しています。

Webリテラシー検定の資格を取得することは、ビジネスで必要とされるWebの標準的な知識を有していることの証になります。

合格率は、65.6%(2021年3月31日現在)となっており、これからWebについて知りたい方は、これからWeb業界で活躍したい方にはおすすめの資格です。

\ Webリテラシーを身に着けているかを問う資格試験/

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)の試験範囲

汎用_12

公式テキスト『ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック1 Webリテラシー 第4版』を中心に出題されます。

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)の試験範囲
  1. Webの基礎知識:Webの基本的な用語や仕組み、セキュリティに関する知識などが含まれます。
  2. インターネットビジネス:Webビジネスにおける基本的な知識、ビジネスモデル、法的側面などが対象です。
  3. プロジェクトマネジメント:Webプロジェクトの計画、進行管理、チームコミュニケーションなどについての知識が求められます。
  4. Webサイトの企画・設計:Webサイトの目的設定、ユーザビリティ、情報設計、ワイヤーフレーム作成などが含まれます。
  5. Webデザイン・制作実務:Webデザインの基本、HTML/CSSの知識、画像編集、コーディングなどが試験範囲です。
  6. Webマーケティング:SEO、SNS活用、アクセス解析、コンテンツ戦略など、Webマーケティングに関する知識が求められます。

試験はCBT方式(コンピュータ画面に表示される問題に解答する方式)で行われ、正解率70%以上で合格となります。受験資格は特にありませんので、どなたでも受験できます。また、Webリテラシー試験は2年間有効です。

Webリテラシー試験は、Webに携わる仕事の標準知識を持っているかを評価するものであり、Webデザイナーやディレクター、プロデューサーなどの主要3職種にとって重要です。

詳細な学習方法や公式テキスト、問題集は公式ウェブサイトでご確認いただけます。

\ Webリテラシーを身に着けているかを問う資格試験/

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)合格に必要な勉強時間

汎用_73

合格に必要な勉強時間は、個人の能力や学習方法によって異なります。一般的には、60時間程度といわれています。

効率的に学習するためには、以下のようなポイントがあります。

  • 試験範囲を把握する: 試験範囲を把握し、重点的に学習しましょう。
  • 計画的に学習する: 学習計画を立てて、計画的に学習しましょう。
  • 過去問を解く: 過去問を解くことで、試験の出題傾向を把握できます。

公式問題集で、模擬試験を受験することで、本番の試験形式に慣れることができます。積極的にチャレンジしましょう。

\ Webリテラシーを身に着けているかを問う資格試験/

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)の勉強方法

汎用_71

Web検定 Webリテラシー試験に合格するには、独学参考書・問題集の利用、Web講座の受講など、様々な方法があります。

Web検定公式サイトでは、過去問を無料で公開しています。過去問を解くことで、試験の出題傾向を把握することができます。

専門の講師が試験対策を指導してくれるWeb講座があります。効率的に学習したい方におすすめです。

\ Webリテラシーを身に着けているかを問う資格試験/

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)の申し込み手順

汎用_95

Webリテラシー試験は、J-Testingを通じて実施されています。試験会場、試験内容、料金は共通で、受験者は都合の良い最寄りの会場を選択できます。

申し込み手順は以下の通りです。

STEP

J-Testing試験申込サイトから申し込み

受験会場、試験日時、受験区分を選択し、必要事項を入力して申し込みを行います。

試験日の3ヶ月前から1営業日前の17時まで申込が可能です。

J-Testing試験申込サイトはこちら>>

STEP

受験票の発行

申し込みが完了すると、受験内容を明記した受験票がメールで送信されます。

受験票は、試験当日に必ず持参してください。

STEP

試験当日

試験会場へ時間通りに到着し、受験票、身分証明書を提示して本人確認を行います。

試験問題を持ち帰ることはできません。

STEP

合否判定

会場にて、合否結果および正答率が記載されたスコアレポートを受け取ります。

合格者には、Web検定事務局より合格通知書が送付されます。

STEP

資格登録

合格者は、受験日の翌月末にPDF形式の資格登録証書が送付されます。

資格登録証書は、Web検定のホームページからダウンロードすることもできます。

定められた申し込み方法以外で手順を進めても、受理されないことがあるため、注意してください。

同一試験の再受験は、前回試験の合否結果受領後に行うことができます。 その他、詳しくはWeb検定のホームページでご確認ください。

\ Webリテラシーを身に着けているかを問う資格試験/

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)おすすめの公式問題集

汎用_52

Webリテラシー試験合格を目指すなら、やはり公式問題集と参考書がおすすめです。最新の出題傾向を反映しており、試験本番と同じ形式で問題を解くことができます。

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 1 Webリテラシー 第3版

『Webリテラシー 第3版』は、Webリテラシー試験の公式テキストです。

最新の出題傾向を反映した内容になっており、Webに関わるすべての人の標準知識を網羅することができます。

図表やイラストを豊富に掲載され、Web業界初心者向けの参考書としてもおすすめです。

『【PDF】Webリテラシー問題集 第3版対応』

『【PDF】Webリテラシー問題集 第3版対応』は、Webリテラシー第3版の検定問題に対応した公式問題集です。

公式テキスト「ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック1 Webリテラシー」の内容に沿った問題が収録されています。

練習問題と解説で、理解度を確認できる模擬試験付きで、本番の試験対策に役立ちます。

【PDF】Webリテラシー問題集 第3版対応版はこちら>>

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)のメリット

汎用_37

Web検定 Webリテラシー試験は、Webに関わる仕事で必須の知識とスキルを問う試験です。合格することで、Webに関する幅広い知識とスキルを証明することができます

Web検定 Webリテラシー試験のメリットは、大きく分けて3つあります。

Web検定 Webリテラシー試験のメリット
  1. Webに関する幅広い知識を証明できる
  2. 就職・転職に有利になる
  3. スキルアップすることができる
さすけ

順番にご紹介します!

Webに関する幅広い知識を証明できる

Web検定 Webリテラシー試験は、Webの基礎知識から情報リテラシー、Webマーケティング、Webデザイン、Web制作、著作権・商標権、Webセキュリティなど、Webに関わる幅広い知識を問います。

試験に合格することで、これらの知識を有していることを証明することができます。

就職・転職に有利になる

汎用_87

Web業界への就職・転職活動において、Web検定 Webリテラシー試験の合格証は有利に働きます

Webに関わる企業では、Webに関する基礎知識を持っていることを評価されるでしょう。

特に、WebマーケティングやWebデザインなどの分野では、Webに関する知識とスキルを持つ人材が求められています

近年、Web業界はますます成長しており、人材不足が深刻化しています。Webに関する知識とスキルを持っていることを客観的に証明できます。

おすすめの転職サービスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

スキルアップすることができる

Web検定 Webリテラシー試験の勉強を通して、Webに関するスキルをアップすることができます。

試験範囲は幅広いですが、独学でも比較的勉強しやすい内容です。

また、参考書や問題集、Web講座など、様々な学習教材も用意されています。

\ Webリテラシーを身に着けているかを問う資格試験/

IT・Web業界で活躍できるおすすめWeb資格

Webディレクター_素材03

キャリアアップ・スキルアップを目指すなら、自分の興味関心やスキル・経験に合わせて、適切な資格を取得するようにしましょう。

資格を取得するだけでなく、実務経験やスキルアップのための自己学習が大切です。

スキルアップ・キャリアップするためにおすすめのWebスキル・資格はこちらの9つです。

IT・Web業界で活躍できるおすすめ資格
  1. Webリテラシー試験(Webアソシエイト)
  2. Webディレクション試験(Webディレクター)
  3. Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  4. Webクリエイター能力認定試験
  5. ウェブデザイン技能検定
  6. ネットマーケティング検定
  7. ウェブ解析士認定試験
  8. SEO検定
  9. ウェブマスター検定

転職未経験からWeb業界を目指す人は、まずはWeb関連の資格を取得することがおすすめです。

さすけ

資格取得を目指すことで、新しい技術やトレンドを学び、自分のスキル・知識を身に付けることができます!

Web関連の資格を取得を目指しながら、Web業界への転職を有利にしたり、年収アップ・キャリアアップを目指しましょう!

おすすめのWeb資格について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:Webリテラシー試験(Webアソシエイト)でIT・Web業界で活躍しよう!

Webリテラシー検定
Web検公式サイト

今回は、Webリテラシー試験(Webアソシエイト)についてご紹介しました!

Webリテラシー試験は、Webに関わる仕事に携わる人にとっておすすめの試験です。比較的難易度は低く、効率的に学習すれば短期間で合格を目指すことができます。

合格することで、「Webアソシエイト」という称号を得ることができ、就職や転職に有利になる可能性があります。

Webに関わる仕事に興味がある方は、ぜひWebリテラシー試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ハイクラス求人 ビズリーチ

ビズリーチは、20万社以上の企業から厳選された求人を掲載する、ハイクラス転職に特化した求人サイトです。

エージェントの紹介なしで、直接企業とやり取りできるため、転職活動をスピーディーかつ効率的に進めることができます。

ビズリーチの3つの強みはこちらです。

  1. 厳選されたハイクラス求人:年収700万円以上、役職経験者向け求人など、ハイキャリア層の転職活動をサポートします。
  2. スカウト機能:履歴書や職務経歴書を登録するだけで、20万社以上の企業からスカウトが届きます。
  3. マイページ機能:気になる求人をまとめて管理したり、エージェントに相談したりできる便利な機能が充実しています。

ビズリーチは、無料で利用可能です。

いますぐ登録して、あなたに合ったハイレベルな求人を見つけませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Webリテラシー試験(Webアソシエイト)ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

コメント

コメントする

目次