MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Webディレクション試験(Webディレクター)ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webディレクション試験(Webディレクター)ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)
悩んでいる人

「Web検定 Webディレクションって必要?転職や就職に役立つ??」

この記事では、このような悩みに答えます。

「Webディレクションって何?」「どんな試験なの?」「勉強方法は?」など、疑問点も多いのではないでしょうか。

Webに関わる仕事に就きたい、あるいはスキルアップを目指したい方にとって、Webディレクション試験(Webディレクター)は非常に役立つ資格です。

試験に合格することで、Webに関する幅広い知識とスキルを証明することができます。転職や就職活動はもちろん、スキルアップやキャリアアップにも役立つでしょう。

この記事では、Webディレクション試験の概要、勉強方法、合格に必要な勉強時間、さらには試験対策のポイントまで詳しく解説します。

ぜひこの記事を参考に、Webディレクション試験合格を目指してください。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Webディレクション試験(Webディレクター)の概要

Webディレクション試験
Web検公式サイト
スクロールできます
サービス名Webディレクション試験(Webディレクター)
運営株式会社ボーンデジタル
受験料11,000円(税込)
受験資格特になし
試験時間90分
出題数85問
合格基準正答率70%以上
公式サイト【公式】https://webken.jp/direction/

Webディレクション試験(Webディレクター)は、Webディレクターに必要なスキルを問う資格であり、Web検定の1つです。

Web業界におけるディレクション業務を、ディレクターのスキルとして問う試験です。

Web制作の工程管理はもちろん、要件を導き出すための現状分析プロジェクト企画、サイト全体の情報構造設計集客施策立案・実施まで、幅広い専門知識を必要とする実践的な内容です。

Webディレクターを目指す方はもちろんのこと、プロジェクトマネージャーコンテンツディレクターなど、Webサイトの運営・更新業務を担当される方、今後Webディレクション業務に関わる予定のある方におすすめの資格です。

\Webサイトの企画、制作、運営知識とスキルを問う試験/

Webディレクション試験(Webディレクター)の試験範囲

汎用_06

公式テキスト『ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック3 Webディレクション 第3版』を中心に出題されます。

Webディレクション試験の試験範囲
  1. インターネットビジネス:インターネットを活用したビジネスモデルや戦略についての理解が求められます。
  2. プロジェクトマネジメント:ウェブプロジェクトを計画、実行、管理する能力が問われます。
  3. Webサイトの企画:ウェブサイトの目的、ターゲットオーディエンス、コンテンツ戦略、機能要件などを定義する能力が試されます。
  4. Webサイトの設計:ウェブサイトの実際のデザインと構造を決定する能力が問われます。
  5. Webマーケティング:ウェブサイトの成功に不可欠なマーケティング戦略や手法に精通していることが求められます。

これらの領域を理解し、実際に適用できる能力が、Webディレクターとしての資質を評価する際に重要です。

試験はCBT方式(コンピュータ画面に表示される問題に解答する方式)で行われ、正解率70%以上で合格となります。受験資格は特にありませんので、どなたでも受験できます。また、Webディレクション試験は2年間有効です。

\Webサイトの企画、制作、運営知識とスキルを問う試験/

Webディレクション試験(Webディレクター)合格に必要な勉強時間

汎用_86

Webディレクション試験の合格に必要な勉強時間は、個人差が大きいため一概には言えません。しかし、一般的には100~200時間と言われています。

  • Web制作経験:すでにWeb制作の経験がある人は、少ない勉強時間で合格できる可能性があります。
  • 学習能力:学習能力が高い人ほど、短時間で多くのことを理解できるため、少ない勉強時間で合格できる可能性があります。
  • 勉強方法:効果的な勉強方法を実践すれば、少ない勉強時間で合格できる可能性があります。

独学で勉強する場合は、計画的に学習を進めることが重要です。学習スケジュールを立てて、毎日少しずつでも勉強を続けましょう。また、問題集過去問を解きながら、理解度を確認することが大切です。

\Webサイトの企画、制作、運営知識とスキルを問う試験/

Webディレクション試験(Webディレクター)の勉強方法

汎用_68

Webディレクション試験に合格するためには、幅広い知識と実践的なスキルが必要です。独学、参考書、問題集、講座など、様々な勉強方法がありますが、自分に合った方法を見つけることが重要です。

最初に試験の範囲を確認し、どの領域に焦点を当てる必要があるかを把握します。資料や過去の試験問題、試験ガイドなどを参照して、各トピックの重要性や詳細を理解しましょう。

学習した内容を定期的に復習し、理解を確認します。弱点や不明瞭な部分を特定し、それらに集中的に取り組むことで、理解を深めます。

\Webサイトの企画、制作、運営知識とスキルを問う試験/

Webディレクション試験(Webディレクター)の申し込み手順

汎用_56

Webディレクション試験は、J-Testingを通じて実施されています。試験会場、試験内容、料金は共通で、受験者は都合の良い最寄りの会場を選択できます。

申し込み手順は以下の通りです。

STEP

J-Testing試験申込サイトから申し込み

受験会場、試験日時、受験区分を選択し、必要事項を入力して申し込みを行います。

試験日の3ヶ月前から1営業日前の17時まで申込が可能です。

J-Testing試験申込サイトはこちら>>

STEP

受験票の発行

申し込みが完了すると、受験内容を明記した受験票がメールで送信されます。

受験票は、試験当日に必ず持参してください。

STEP

試験当日

試験会場へ時間通りに到着し、受験票、身分証明書を提示して本人確認を行います。

試験問題を持ち帰ることはできません。

STEP

合否判定

会場にて、合否結果および正答率が記載されたスコアレポートを受け取ります。

合格者には、Web検定事務局より合格通知書が送付されます。

STEP

資格登録

合格者は、受験日の翌月末にPDF形式の資格登録証書が送付されます。

資格登録証書は、Web検定のホームページからダウンロードすることもできます。

定められた申し込み方法以外で手順を進めても、受理されないことがあるため、注意してください。

同一試験の再受験は、前回試験の合否結果受領後に行うことができます。 その他、詳しくはWeb検定のホームページでご確認ください。

\Webサイトの企画、制作、運営知識とスキルを問う試験/

Webディレクション試験(Webディレクター)おすすめの公式問題集

汎用_75

Webディレクション試験合格を目指すなら、やはり公式問題集と参考書がおすすめです。最新の出題傾向を反映しており、試験本番と同じ形式で問題を解くことができます。

ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック3 Webディレクション 第3版

『ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック3 Webディレクション 第3版』は、ウェブディレクションに関する実践的な知識とスキルを学ぶためのガイドブックです。

具体的には、ウェブプロジェクトの計画と管理、ユーザーエクスペリエンス(UX)の設計と最適化、コンテンツ戦略の策定、SEO対策、データ分析と改善など、幅広いトピックがカバーされています。

実務で役立つツールやテクニック、成功事例に基づいた具体的なアドバイスが豊富に含まれています。

PDFダウンロード版Webディレクション問題集 第3版対応

Webディレクション問題集 第3版対応は、Web検定 Webディレクション試験の対策問題集として、ボーンデジタルから販売されています。

練習問題と解説で、理解度を確認できる模擬試験付きで、本番の試験対策に役立ちます。

PDF形式でダウンロードできるので、場所や時間に関係なく学習することができます。

PDFダウンロード版Webディレクション問題集 第3版対応はこちら>>

Webディレクション試験(Webディレクター)のメリット

汎用_55

Webディレクション試験に合格することで得られるメリットは、大きく分けて以下の3つがあります。

Web検定 Webリテラシー試験のメリットは、大きく分けて3つあります。

Web検定 Webリテラシー試験のメリット
  1. Webディレクターとしてのスキル・知識を証明できる
  2. 就職・転職に有利になる
  3. 業務に役立つ知識を習得できる
さすけ

順番にご紹介します!

Webディレクターとしてのスキル・知識を証明できる

Webディレクション試験は、Webサイトの企画、制作、運営に関わる幅広い知識とスキルを問う試験です。合格することで、Webディレクターとしてのスキル・知識を証明することができます。

これは、フリーランスとして活動したい方や、Web制作会社でキャリアアップを目指したい方にとって、大きな強みとなります。

転職・就職に有利になる

汎用_93

近年、Web業界は人材不足が深刻化しており、Webディレクターの資格は転職・就職に有利と言われています。

特に、Web制作会社IT企業では、Webディレクション試験の合格者を積極的に採用している傾向があります。

おすすめの転職サービスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

業務に役立つ知識を習得できる

Webディレクション試験の勉強を通して、Webサイトの企画、制作、運営に関する幅広い知識を習得することができます。

これは、Webディレクターとしてだけでなく、WebマーケターWebデザイナーなどの職種においても役立つ知識となります。

\Webサイトの企画、制作、運営知識とスキルを問う試験/

IT・Web業界で活躍できるおすすめWeb資格

Webディレクター_素材03

キャリアアップ・スキルアップを目指すなら、自分の興味関心やスキル・経験に合わせて、適切な資格を取得するようにしましょう。

資格を取得するだけでなく、実務経験やスキルアップのための自己学習が大切です。

スキルアップ・キャリアップするためにおすすめのWebスキル・資格はこちらの9つです。

IT・Web業界で活躍できるおすすめ資格
  1. Webリテラシー試験(Webアソシエイト)
  2. Webディレクション試験(Webディレクター)
  3. Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  4. Webクリエイター能力認定試験
  5. ウェブデザイン技能検定
  6. ネットマーケティング検定
  7. ウェブ解析士認定試験
  8. SEO検定
  9. ウェブマスター検定

転職未経験からWeb業界を目指す人は、まずはWeb関連の資格を取得することがおすすめです。

さすけ

資格取得を目指すことで、新しい技術やトレンドを学び、自分のスキル・知識を身に付けることができます!

Web関連の資格を取得を目指しながら、Web業界への転職を有利にしたり、年収アップ・キャリアアップを目指しましょう!

おすすめのWeb資格について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:Webディレクション試験(Webディレクター)でIT・Web業界で活躍しよう!

Webディレクション試験
Web検公式サイト

今回は、Webディレクション試験(Webディレクター)についてご紹介しました!

Webディレクション試験は、Webサイトの企画、制作、運営に関わる幅広い知識とスキルを問う試験です。

合格することで、Webディレクターとしてのスキル・知識を証明することができます。Web業界で活躍したい方にとって、Webディレクション試験は非常に有益な資格です。ぜひチャレンジしてみてください!

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ハイクラス求人 ビズリーチ

ビズリーチは、20万社以上の企業から厳選された求人を掲載する、ハイクラス転職に特化した求人サイトです。

エージェントの紹介なしで、直接企業とやり取りできるため、転職活動をスピーディーかつ効率的に進めることができます。

ビズリーチの3つの強みはこちらです。

  1. 厳選されたハイクラス求人:年収700万円以上、役職経験者向け求人など、ハイキャリア層の転職活動をサポートします。
  2. スカウト機能:履歴書や職務経歴書を登録するだけで、20万社以上の企業からスカウトが届きます。
  3. マイページ機能:気になる求人をまとめて管理したり、エージェントに相談したりできる便利な機能が充実しています。

ビズリーチは、無料で利用可能です。

いますぐ登録して、あなたに合ったハイレベルな求人を見つけませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Webディレクション試験(Webディレクター)ってどんな試験?勉強方法や合格に必要な勉強時間について解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ5選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい方におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい方におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
Geekly(ギークリー)_02Geekly(ギークリー)
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援
IT・WEB・ゲーム業界での経験者におすすめ
公式サイトを見る >
レバテックキャリア_02レバテックキャリア
IT/Web業界の特化型転職エージェント!
IT/Web系エンジニアの経験者におすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ5選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda、Geekly、レバテックキャリア)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

コメント

コメントする

目次