MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

地元に帰りたいけど、仕事がない?地元で働く前に知っておきたいことを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
地元に帰りたいけど、仕事がない?地元で働く前に知っておきたいことを解説_02
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

地元に帰りたい気持ちは、多くの人が抱くものだと思います。

しかし、地元に帰りたい気持ちとは裏腹に、仕事がないという悩みを抱えている人は少なくありません。

実際に地元に帰ってみると、就きたい仕事が見つからずに悩む人もいるでしょう。

さすけ

私も、地元に帰りたいなあと悩んでいた時期がありました……。

本記事では、地元に帰りたい理由、地元に帰って働くメリット・デメリット、具体的に地元で働くための方法などが分かります。

本記事はこんな方におすすめです!
  1. 地元の企業で働きたいと思っている
  2. 地元で子育てや介護をしたいと思っている
  3. 都会で働いているが、地元に帰りたいと考えている

今回は、地元で働く前に知っておきたいことについてご紹介します。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

地元に帰りたいと考える主な理由

田舎_01

地元に帰りたい理由は人それぞれですが、主な理由は以下のようなものが挙げられます。

また、以下のような理由から、地元に帰りたいと考える人もいるでしょう。

地元に帰りたい主な理由
  1. 家族や友人の近くで暮らしたい
  2. 都会での生活に疲れた
  3. 新たなチャレンジをしたい
さすけ

順番にご紹介します!

理由1:家族や友人の近くで暮らしたい

地元を離れて都会で生活していると、家族や友人との距離が離れてしまうことがあります。

地元にいれば、家族や友人のサポートを受けやすい傾向があります。そのため、仕事や生活で困ったときに、頼りになる存在がいるという安心感を得ることができます。

地元に帰ることで、家族や友人と気軽に会うことができ、安心感を得ることができます。

理由2:都会での生活に疲れた

デメリット_01

都会での生活は、仕事や人間関係、生活コストなど、さまざまなストレスを感じることがあります。

地元に帰ることで、そういったストレスから解放され、ゆったりとした生活を送りたいと考える人もいるでしょう。

さすけ

都会に比べて、地方の生活費は安い傾向があります!

地元に帰ることで、生活費を抑えることができ、経済的に余裕を持った生活を送ることができます。

理由3:新たなチャレンジをしたい

地元で活躍することで、自分自身の成長や新しいことに挑戦する意欲を高めたいと考える人もいるでしょう。

地元に戻ることで、今までとは違う環境や仕事にチャレンジすることができます。地元の活性化地域貢献に携わりたいという思いから、地元に帰りたいと考える人もいるようです。

ただし、地元に帰りたいと考える人が増えている一方で、地元の雇用状況は厳しくなっています。

さすけ

地元で仕事が見つからないという人が多いです!

地元に帰りたいと考えている人は、まずは地元の雇用状況をしっかりと理解し、自分に合った仕事を見つけることが大切です。

地元に帰って働くメリット3つ

転職サービス_素材09

地元に帰って働くメリットは、以下のとおりです。

メリットデメリット
生活費を抑えられる
家族のサポートを受けられる
地元の文化や風習を感じられる
給与や福利厚生が劣る
仕事の選択肢が限られる
そもそも求人数が少ない
さすけ

順番にご紹介します!

メリット1:生活費を抑えられる

都会に比べて、地方の生活費は安い傾向があります。

地元に帰ることで、生活費を抑えることができ、経済的に余裕を持った生活を送ることができます。

東京都の一人当たりの消費支出は274,324円、全国平均は227,528円となっています。東京都は全国平均を46,796円上回っており、都会と地方の生活費の差が明らかです。

厚生労働省の「令和3年国民生活基礎調査」

また、通勤時間が短縮される傾向があります。そのため、通勤にかかる時間やストレスを抑えることができます。

メリット2:家族のサポートを受けられる

家族_01

家族のサポートは、仕事や生活を充実させるために重要な役割を果たします。

期待できるサポートはこちらの3つです。

  • 家事や・育児:家族が近くに住んでいるため、家事や育児のサポートを受けやすい傾向があります。
  • 子育て・介護:両親や兄弟姉妹などの家族が近くに住んでいるケースが多いため、子育てや介護のサポートを受けやすい傾向があります。
  • 精神的なサポート:仕事や生活で困ったときに、家族に相談したり、励まされたりされます。

家族のサポートを受けることで、仕事や生活の負担を軽減することができます。

地元で働くかどうかを検討する際には、家族のサポートを受けられるかどうかも考慮するとよいでしょう。

メリット3:地元の文化や風習を感じられる

地元には、その土地ならではの文化や風習があります。

地元に帰ることで、文化や風習を身近に感じることができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 伝統行事:その土地の歴史や文化を反映したまつりごとがあります。
  • 食文化:その土地の食材や調理法を使った独自の食文化があります。
  • 言葉・方言:地元に帰ることで、そういった言葉や方言に触れることができます。
さすけ

地元の人々と交流するきっかけになります!

地元に帰って働くことで、文化や風習を身近に感じることができ、故郷への愛着を深めることができます。

地元に帰って働くデメリット3つ

デメリット_02

地元に帰って働くデメリットは、以下のとおりです。

メリットデメリット
生活費を抑えられる
家族のサポートを受けられる
地元の文化や風習を感じられる
給与や福利厚生が劣る
仕事の選択肢が限られる
そもそも求人数が少ない
さすけ

順番にご紹介します!

デメリット1:給与や福利厚生が劣る

都会に比べて、地方の給与や福利厚生が劣る傾向があります。そのため、経済的な不満を感じることがあるかもしれません。

正社員の平均月給は、東京都が440,700円、全国平均が355,200円となっています。東京都は全国平均を85,500円上回っており、地方と都市部の給与格差が明らかです。

厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

地方で働く場合は、給与や福利厚生の面で、ある程度の覚悟が必要かもしれません。

なお、地方でも給与や福利厚生が充実している企業は存在します。地元で働きたい場合は、そのような企業を探してみましょう。

デメリット2:仕事の選択肢が限られる

転職 悩む

都会に比べて、地方の求人数は少ない傾向があります。そのため、希望する仕事や条件の仕事を見つけるのが難しい場合があります。

都会に比べて、地方では特定の産業や職種に偏った求人が多い傾向があります。

地方の雇用状況は、産業別に見ると、製造業や農林水産業などの伝統産業が中心となっています。また、職種別に見ると、販売や製造などの一般事務職や技能職が中心となっています。

厚生労働省「令和3年地域別雇用情勢」
さすけ

地方では、都会に比べて特定の産業や職種にかたよった求人が多いです!

デメリット3:そもそも求人数が少ない

都会に比べて、地方の求人数は少ない傾向があります。そのため、希望する仕事や条件の仕事を見つけるのが難しい場合があります。

都市部で人気の職種や、専門的なスキルや経験が必要な職種は、地方では求人数が少ない傾向があります。

さすけ

地元で働きたい場合は、自分のスキルや経験に合った求人があるかどうかをしっかりと確認しましょう!

地元で働くかどうかは、メリットとデメリットをしっかりと比較検討した上で、自分に合った判断をすることが大切です。

地元で仕事を見つける3つの方法

切り替える

地元で仕事を見つける方法は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

地元で仕事を見つける方法
  1. 地元の企業に就職する
  2. 起業やフリーランスで独立する
  3. 地元からリモートワークで働く
さすけ

順番にご紹介します!

方法1:地元の企業に就職する

地元の企業に就職するのが、地元で働く最も一般的な方法です。

転職で地元に帰るには、まず地元の企業を探す必要があります。地元の求人情報は、ハローワーク求人サイトなどで探すことができます。

また、地元の企業を探す際には、以下のような点に注意しましょう。

  • 自分のスキルや経験が活かせる仕事があるか
  • 年収や福利厚生などの条件が希望に合っているか
  • 通勤にかかる時間や費用が許容できるか

地元の農業や漁業を始めるのも、地元で働く方法のひとつです。もちろん、農業や漁業を始めるには、農業や漁業の知識や経験が必要です。

方法2:起業やフリーランスで独立する

充実_01

起業やフリーランスとして独立するのも、地元で働く方法のひとつです。

起業やフリーランスで地元に帰るにはまずは、スキルや経験を身につける必要があります。

フリーランスとして働く際には、以下のような点に注意しましょう。

  • 安定した収入を得るための仕組みを作る
  • 営業やマーケティングのスキルを身につける
  • 地元のフリーランス支援団体やコミュニティに参加する

起業やフリーランスは、自らビジネスプランを立てたり、資金調達する必要がある点には注意しましょう。

方法3:地元からリモートワークで働く

最近では、リモートワークで地元で働く人も増えてきています。

リモートワークで働く場合、通勤時間がゼロになるため、通勤にかかる時間やストレスを抑えることができます。

リモートワークで働くには、ITスキルWeb知識など、リモートワークに対応できるスキルや経験があると有利です。

リモートワークを目指せるおすすめの転職サービスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

地元に帰る前に、リモートワークへの転職を考えてみよう!

地元に帰って就職しようと思ったけど、就職先がないかもしれない、やっぱりリモートワークをしたい……。

このような悩みにぶち当たることがあります。

そこで、転職について考えてみるのも選択肢のうちの一つです。

転職ロードマップ

未経験からでもIT・Web業界への扉は開かれています。

ただし、その夢を実現させるには明確なロードマップが必要です。

このロードマップを参考にすれば、未経験からでもIT・Web業界への転職を成功させることができます。

転職活動を効果的に進めるには、こちらの7ステップがおすすめです。

IT・Web業界への転職7ステップ
  1. 転職理由(軸)を明確にする
  2. 転職までのスケジュールを立てる
  3. キャリアや強みの棚卸しをする
  4. 転職サイト・転職エージェント登録する
  5. 企業に応募し書類選考を進める
  6. 採用面接を突破し内定をもらう
  7. 退職手続き、入社準備を進める

まずは、あなたの転職したい理由を明確にするところから始めてみましょう。

その後、転職サービスを利用したり、書類作成面接対策と進んでいきましょう。

転職までのロードマップについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:地元で働く前に仕事を見つけよう!

今回は、地元で働く前に知っておきたいことについてご紹介しました!

今回ご紹介した地元で仕事を見つける方法はこちらの3つです。

地元で仕事を見つける方法
  1. 地元の企業に就職する
  2. 起業やフリーランスで独立する
  3. 地元からリモートワークで働く

地元で働くことで、家族や友人の近くで暮らしたり、地元の自然や文化に触れたり、地元の活性化に貢献したりすることができます。

地元で働く際は、働き方を見つめ直し、充実した人生を送っていきましょう。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ビズリーチ_01
出展:ビズリーチ

\転職への漠然とした悩み、ビズリーチで解決できます!/

  • スマートにキャリアアップを実現させたい
  • 希少な高年収職に出会うチャンスを掴みたい
  • ヘッドハンターによる転職サポートを受けたい

登録後、あなたに届く求人・オファーを確認して、今の市場価値をチェックしましょう。

ビズリーチで、これからのキャリアの可能性を広げてみませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

地元に帰りたいけど、仕事がない?地元で働く前に知っておきたいことを解説_02

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

目次