MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Webディレクターのキャリアパスとは?おすすめ職種・ポイント・注意点について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webディレクターのキャリアパスとは?おすすめ職種・ポイント・注意点について解説_01
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)
悩んでいる人

Webディレクターのキャリアパスについて知りたい!

この記事では、このような悩みに答えます。

Webディレクターは、Webサイトの企画・制作・運用を統括する仕事のため、求められるスキル・知識が多いぶん、能力の伸ばし方が難しいです。

さすけ

以前は、Webディレクターってキャリアとしてどうなっていくのが望ましいんだろうと悩んでいました……。

この記事をよめば、Webディレクターのキャリアパスやポイント・注意点がわかります。

Webディレクターの3つのキャリアパスからあなたの適性を見出すことで、目指したいWebディレクター像がより明確になります。

本記事はこんな方におすすめです!
  1. 業界&転職未経験からWeb業界で活躍したい
  2. Webディレクターとしてのキャリアアップを目指したい
  3. Web業界やWebディレクターとしての将来性や可能性を知りたい

今回は、Webディレクターのキャリアパスについてご紹介します。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Webディレクターから目指せるおすすめのキャリアパスは3つ

切り替える

Webディレクターから目指せるキャリアパスは、自分の興味関心やスキル・経験に合わせて、選択することができます。

Webディレクターから目指せるキャリアパスは、大きく分けて以下の3つに分けられます。

Webディレクターから目指せるキャリアパス
  1. Webプロデューサー
  2. Webマーケター
  3. フリーランス・独立
さすけ

順番にご紹介します!

キャリアパス1:Webプロデューサー

Web業界の職種 指揮系の職種 Webプロデューサー
スクロールできます
職種名Webプロデューサー
年収600~800万円
主な仕事内容プロジェクト全般の管理
予算・スケジュール・人員管理
チーム編成、マネジメント
必要なスキルコミュニケーションスキル
プレゼンテーションスキル
プロジェクトマネジメントスキル
マーケティングスキル
営業スキル

Webプロデューサーは、WebサイトやWebサービスの企画・開発・運用・保守の全体を統括する職種です。

クライアントの要望をヒアリングし、プロジェクトの企画・立案を行います。

また、WebディレクターWebエンジニアWebデザイナーなどのチームを編成し、マネジメントを行います。

WebサイトやWebサービスの成功を導くことが、Webプロデューサーの最終的な目標です。

Web業界の花形職種とも言われており、高い年収やキャリアアップの可能性を秘めています。

さすけ

Webプロデューサーは、責任が重く、ハードワークが求められる職種でもあります!

WebディレクターからWebプロデューサーへのキャリアパスは、以下のようなステップで進むのが一般的です。

  • Webディレクターとしての経験を積む:Webサイトの企画・設計・制作・運用・改善の各フェーズを経験し、プロジェクトマネジメントの基礎的な知識やスキルを身につけます。
  • プロジェクトマネジメントのスキルを身につける:プロジェクトの計画・立案・実行・評価、予算管理・スケジュール管理、リスク管理・品質管理、コミュニケーション・リーダーシップなどのスキルを身につけます。
  • Webプロデューサーとして転職する:Webプロデューサーとしてより大きなプロジェクトを担当する企業に転職します。

WebディレクターからWebプロデューサーへのキャリアパスは、Webディレクターとしての経験を活かして、比較的スムーズに転職やキャリアアップができる道といえます。

さすけ

プロジェクトマネジメントのスキルを身につけて、Webプロデューサーとして活躍を目指しましょう!

Webプロデューサーを目指す場合は、自分の適性やスキルをよく考えてキャリアプランを立てることが大切です。

キャリアパス2:Webマーケター

Web業界の職種 作業系の職種 Webマーケター
スクロールできます
職種名Webマーケター
年収500~600万円
主な仕事内容マーケティング戦略の立案・実行
ターゲットユーザーの分析
マーケティング施策の企画・実施
必要なスキルマーケティングスキル
データ分析スキル
コミュニケーションスキル
企画力
実行力

Webマーケターは、WebサイトやWebサービスの集客・分析・改善を担当する職種です。

SEOSEMSNSマーケティングなどの手法を用いて、WebサイトやWebサービスの訪問者を増やします。マーケティングスキルの向上で、より効果的なマーケティング施策を立案・実行できるようになります。

さすけ

Webマーケターを目指す場合は、スキルや経験を身につけることが重要です!

WebディレクターからWebマーケターへのキャリアパスは、以下のようなステップで進むのが一般的です。

  • Webディレクターとしての経験を積む:Webサイトの企画・設計・制作・運用・改善の各フェーズを経験することで、Webマーケティングの基礎的な知識やスキルを身につけます。
  • Webマーケティングのスキルを身につける:アクセス解析、SEO、SEM、SNSマーケティング、コンテンツマーケティング、メールマーケティングなどのスキルを身につけます。
  • Webマーケターとしての経験を積む:Webマーケティングの専門会社や事業会社への転職や、Webマーケティングのプロジェクトに参加します。

WebディレクターからWebマーケターへのキャリアパスは、比較的スムーズに転職やキャリアアップができる道といえるでしょう。

さすけ

Webマーケティングのスキルを身につけて、Webマーケターとして活躍を目指しましょう!

Webスクールに通ったり、独学で勉強したり、Web会社でインターンやアルバイトをしたりしながら、必要なスキルや経験を身につけましょう。

キャリアパス3:フリーランス・独立

フリーランス・独立のWebディレクターは、正社員と異なり、会社に属さずに、個人事業主として仕事を請け負います。

フリーランスのWebディレクターとして活躍するには、以下のスキルや経験が求められます。

  • Webディレクターのスキルや経験:企画・設計・制作・運用・改善の各フェーズにおけるスキルや経験が求められます。
  • 営業力やマーケティング力:クライアントのニーズを把握して、自らのスキルや経験をアピールする営業力や、マーケティング力が求められます。
  • 自己管理能力:スケジュール管理やタスク管理、予算管理などの能力が求められます。

仕事を振り返り、改善点を常に見直すことが大切です。

さすけ

自分に合った方法で、フリーランスとして活躍を目指しましょう!

フリーランスへの難易度を下げるには、本業をやりつつ副業を経験するのも一つの手です。

副業ブログについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webディレクターとしてキャリアアップするためのポイント

転職サービス_素材18

Webディレクターのキャリアアップするためのポイントは、大きく分けて以下の3つです。

キャリアアップするためのポイント
  1. 自分の強みや興味関心を整理する
  2. スキルや経験を身につける
  3. 目標を設定・修正する
さすけ

順番にご紹介します!

ポイント1:自分の強みや興味関心を整理する

Webディレクターは、Web業界のさまざまな職種へのキャリアアップが可能です。

そのため、まずは自分の強みや興味関心を整理して、自分がどのようなキャリアを歩みたいのかを明確にしましょう。

例えば、Webサイトの企画・設計に興味があるなら、WebプロデューサーWebマーケターとしてのキャリアアップを目指すことができます。

また、Webサイトの制作に興味があるなら、WebデザイナーWebエンジニアへのキャリアチェンジを目指すことができます。

さすけ

なんでも知識・経験を吸収して、キャリアアップを目指していこう!

Webディレクターの向いている人・向いていない人の特徴について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

ポイント2:スキルや経験を身につける

転職サービス_素材29

自分の強みや興味関心を明確にしたら、それに必要なスキルや経験を身につけるようにしましょう。

Webディレクターとして活躍するためには、以下のようなスキルが求められます。

  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル
  • リーダーシップスキル
  • Webデザインに関するスキル
  • UI/UXに関するスキル
  • プログラミング言語に関するスキル
  • 進行管理スキル
  • 課題抽出スキル
  • Webマーケティングスキル
  • 広告・PR運営スキル
  • 企画力スキル
  • ドキュメント作成スキル
  • プレゼンテーションスキル
  • 情報収集スキル
  • 情報選別スキル

スキルや経験を身につけるためには、セミナーや勉強会に参加したり、資格を取得したりすることが効果的です。

当然、実務経験を積むことで、さまざまなスキルや経験を身につけることができます。

さすけ

Webディレクターは、求められるスキルが多い分、習得すれば成長が感じやすい職種です!

Webディレクターのスキルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ポイント3:目標を設定・修正する

キャリアパスを考えるときは、目標を設定することも大切です。

目標を設定することで、自分のキャリアを客観的に把握し、必要なスキルや経験を身につけるためのモチベーションを維持することができます。

Web業界は常に進化し、新しいテクノロジーやトレンドが現れます。そのため、Webディレクターとしては常に学び続け、新たな挑戦に取り組む必要があります。

さすけ

時代の変化に合わせて、自分のキャリアプランを修正していくことが大切です!

Web業界の職種について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webディレクターのキャリアパスへの注意点

注意点 汎用


Webディレクターのキャリアパスへの注意点は、大きく分けて以下の3つです。

キャリアパスへの注意点
  1. キャリアアップの方向性が広い
  2. スキルや経験が不足している場合がある
  3. 仕事ややりがいの変化がある
さすけ

順番にご紹介します!

注意点1:キャリアアップの方向性が広い

Webディレクターは、Web業界のさまざまな職種へのキャリアアップが可能です。

しかし、その選択肢の多さゆえに、自分のキャリアアップの方向性を見失ってしまうことがあります。

WebプロデューサーWebマーケターフリーランスなど、さまざまなキャリアパスが考えられます。

さすけ

Webディレクターとしてさらにスキルや経験を積んで、マネジメント職や専門職を目指すこともできます!

キャリアコンサルタント先輩Webディレクターなど、第三者の意見を参考にするのもよいでしょう。

Webディレクターの特性についてはこちらの記事をご覧ください!

注意点2:スキルや知識が不足している場合がある

転職サービス_素材03

Webディレクターとして活躍するためには、さまざまなスキルや知識が必要です。

しかし、実務経験を積みながらスキルや経験を身につけていく中で、自分のスキルや知識の不足を実感し、キャリアに悩んでしまうことがあります。

自分のスキルや知識の不足を補うために、まずは自分の現状を客観的に分析してみましょう。

さすけ

セミナーや勉強会に参加したり、資格を取得したりして、スキルアップを目指しましょう!

Webディレクターの習得したい知識について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

注意点3:仕事ややりがいの変化がある

Web業界は、常に新しい技術やトレンドが生まれています。そのため、Webディレクターの仕事ややりがいも、時代の変化によって変化します。

そのため、Webディレクターは、モバイルファースト設計レスポンシブデザインなどのスキルを身につけることが求められています。

また、AIやIoTなどの技術が普及したことで、Webディレクターは、WebサイトやWebアプリケーションの企画・設計・制作・運用・改善を行うことが求められています。

さすけ

Webディレクターとして活躍するには、常に新しい技術やトレンドを学び、自分のスキルや視野を広げることが大切です!

Webディレクターのやりがいについてはこちらの記事をご覧ください!

そもそもWebディレクターの仕事内容とは?

Webディレクター_素材02

Webディレクターの仕事は、Webサイトの企画・制作・運用を統括する、いわばWeb制作の総指揮官です。

Webディレクターの主な仕事内容はこちらの4つです。

Webディレクターの主な仕事内容
  1. Webサイトの市場調査・業界分析
  2. Webサイトの要件定義・設計
  3. Webサイトのプロジェクト進行管理
  4. Webサイトの運用・改善

Webディレクターとして、クライアントの要望をヒアリングし、Webサイトの目的やターゲットを明確にします。

WebエンジニアWebデザイナーWebライターなどの制作チームをまとめ、Webサイトを完成させます。

さすけ

順番にご紹介します!

仕事内容1:Webサイトの市場調査・業界分析

転職サービス_素材31

Webディレクターの市場調査・業界分析とは、市場や業界に関する情報を収集・分析する活動です。

ターゲットユーザー競合他社業界のトレンドなどの情報を収集・分析して、Webサイトの目的やターゲット、機能・コンテンツなどを決める必要があります。

クライアントの市場調査・業界分析を行う目的は大きく分けて3つです。

  • ユーザーのニーズやトレンドを把握する:ユーザーに求められる商品やサービスを提供することができます。
  • 競合他社の動向を把握する:クライアントの強みや弱みを客観的に把握することができます。
  • 市場の成長性やトレンドを把握する:クライアントの市場の将来性を判断することができます。

市場調査・業界分析をしっかり行うことで、Webサイトの目的やターゲット、機能・コンテンツなどをより効果的に決めることができます。

Webディレクターの市場調査・業界分析について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

仕事内容2:Webサイトの要件定義・設計

人に恵まれていた

クライアントから、Webサイトの目的や目標、盛り込む要素などに関する要望を聞き、すり合わせを行います。

その後、具体的な方向性を定めてサイト設計を構築していきます。

要件定義をきちんと行うことで、Webサイトの目的を達成し、ユーザーに満足してもらえるサイトを制作することができます。

Webサイトの要件定義を行う際には、以下のような項目を検討する必要があります。

  • 目的:Webサイトを制作する目的は何ですか?
  • ターゲットユーザー:Webサイトのターゲットユーザーは誰ですか?
  • 機能:Webサイトに必要な機能は何ですか?
  • コンテンツ:Webサイトに掲載するコンテンツは何ですか?
  • デザイン:Webサイトのデザインはどのようになっていますか?
  • スケジュール:Webサイトの制作スケジュールはどのようになっていますか?
  • 予算:Webサイトの制作予算はいくらですか?

要件定義を行った後は、設計図を作成します。

設計図には、Webサイトのレイアウトコンテンツの配置画像や動画の使用方法などを記載します。

設計図を作成することで、Webサイトの制作がスムーズに進むようになります。

要件定義と設計をきちんと行うことで、Webサイトの目的を達成し、ユーザーに満足してもらえるサイトを制作することができます。

Webディレクターが行う要件定義について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

仕事内容3:Webサイトのプロジェクト進行管理

転職サービス_素材04

進行管理とは、Webサイトなどの制作物が完成するまでの作業を予定通りに進めていくことです。

プロジェクトを達成するまでに、誰がどのようなタスクを行うかを決めるスケジュール作成と、作業ごとの進捗状況を確認しプロジェクトを進めるスケジュール管理があります。

Webサイトの定義や設計が確定した後は、実際にプロジェクトを進めていきます。プロジェクト進行中は、常に進捗を確認しスケジュールや人員のコスト管理を行います。

Webディレクターの進行管理について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

仕事内容4:Webサイトの運用・改善

転職サービス_素材30

Webサイトがリリースされた後は運用業務を行います。

アクセス数が想定より伸び悩んでいる場合はその原因を突き止め、より効果的なWebサイト構築を目指します。

Webサイトの運用・改善には、以下のような項目があります。

  • コンテンツの更新頻度を高める:コンテンツの更新頻度を高めることで、ユーザーの興味を喚起し、Webサイトに訪れる回数を増やすことができます。
  • ユーザーのニーズを把握する:ユーザーのニーズを把握することで、ユーザーにとって有益なコンテンツを制作することができます。
  • コンテンツの質を高める:コンテンツの質を高めることで、ユーザーの満足度を向上させることができます。
  • アクセス解析を活用する:アクセス解析を活用することで、ユーザーの行動を把握し、Webサイトの改善に役立てることができます。
  • SEO対策を行う:SEO対策を行うことで、Webサイトを検索エンジンの上位に表示させることができます。
  • 広告を掲載する:広告を掲載することで、Webサイトへのアクセスを促進することができます。

Webサイトの運用・改善は、継続的に行うことで効果を発揮します。

Webサイトを効果的に活用するためには、運用・改善を意識して取り組むことが大切です。

Webサイトの運用・改善について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい!

Webディレクターについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webディレクターをキャリアアップ・スキルアップに取得したい資格

Webディレクター_素材03

キャリアアップ・スキルアップを目指すなら、自分の興味関心やスキル・経験に合わせて、適切な資格を取得するようにしましょう。

資格を取得するだけでなく、実務経験やスキルアップのための自己学習が大切です。

スキルアップ・キャリアップするためにおすすめのWebスキル・資格はこちらの7つです。

おすすめのWebスキル・資格
  1. Webリテラシー試験(Webアソシエイト)
  2. Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  3. Webクリエイター能力認定試験
  4. Webディレクション試験(Webディレクター)
  5. ウェブデザイン技能検定
  6. ネットマーケティング検定
  7. ウェブ解析士

転職未経験からWeb業界を目指す人は、まずはWeb関連の資格を取得することがおすすめです。

さすけ

資格取得を目指すことで、新しい技術やトレンドを学び、自分のスキル・知識を身に付けることができます!

Web関連の資格を取得を目指しながら、Web業界への転職を有利にしたり、年収アップ・キャリアアップを目指しましょう!

Web関連のおすすめ資格について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:Webディレクターのキャリアで自分にあった職種を目指そう!

今回は、Webディレクターのキャリアパスの種類や、キャリアアップに必要なスキルや経験についてご紹介しました!

Webディレクターから目指せるおすすめのキャリアパスはこちらの3つです。

Webディレクターから目指せるキャリアパス
  1. Webプロデューサー
  2. Webマーケター
  3. フリーランス・独立

Webディレクターは、Web業界の成長とともに、需要が高まっている職種です。

Webディレクターとしてのスキルや経験を活かして、さまざまなキャリアパスを歩むことが可能です。

未経験からでも努力次第でキャリアを積むことができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ビズリーチ_01
出展:ビズリーチ

\転職への漠然とした悩み、ビズリーチで解決できます!/

  • スマートにキャリアアップを実現させたい
  • 希少な高年収職に出会うチャンスを掴みたい
  • ヘッドハンターによる転職サポートを受けたい

登録後、あなたに届く求人・オファーを確認して、今の市場価値をチェックしましょう。

ビズリーチで、これからのキャリアの可能性を広げてみませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Webディレクターのキャリアパスとは?おすすめ職種・ポイント・注意点について解説_01

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

目次