MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Webディレクターは今後どうなる?いなくなる理由・いなくならない理由について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webディレクターは今後どうなる?いなくなるとされる理由・いなくならない理由について解説_01
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)
悩んでいる人

Webディレクターがいなくなる?いなくなる理由について知りたい!

この記事では、このような悩みに答えます。

Webディレクターは、Webサイトの企画・制作・運用を統括する仕事です。

さすけ

私も以前は、Webディレクターはいなくなるのではないかと悩んでました……。

結論、Webディレクターはいなくならない可能性が高いです。AIなどに代替と考えるのはまだ早いかもしれません。

この記事では、Webディレクターがいなくなるとされる理由、これからのWebディレクターとしての在り方を解説します。

本記事はこんな方におすすめです!
  1. 業界&転職未経験からWeb業界で活躍したい
  2. Webディレクターとしてのキャリアアップを目指したい
  3. Web業界やWebディレクターとしての将来性や可能性を知りたい

今回は、Webディレクターがいなくなる理由についてご紹介します。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Webディレクターいなくなるとされる理由

転職 悩み

Webディレクターがいなくなるとされる理由として、以下の3つが挙げられます。

Webディレクターがいなくなるとされる理由
  1. 制作業務や進行管理が自動化される可能性がある
  2. 制作の簡素化や標準化が進み、必要性が低下する可能性がある
  3. Webスキルや経験が不足するWebディレクターが増えている
さすけ

順番にご紹介します!

理由1:制作業務や進行管理が自動化される可能性がある

Webディレクターの主な仕事内容には、制作業務や進行管理が含まれます。

制作業務や進行管理の業務は、AIや自動化技術の進展により自動化される可能性があるといわれています。

例えば、Webサイト・サービスのデザインコーディングは、AIや自動化技術によって効率的に行われるようになってきました。

さすけ

AIや自動化技術の進展により、Webディレクターの主な仕事内容の一部が自動化される可能性があります!

AIや自動化の進展により、WebサイトやWebサービスの制作の簡素化や標準化などが起こり、Webディレクターの仕事の将来に影響を与えるといわれているのです。

理由2:制作の簡素化や標準化が進み、必要性が低下する可能性がある

デメリット_01

WebサイトやWebサービスの制作は、近年、簡素化や標準化が進んでいます。

Webサービスにおいて、SaaS(Software as a Service)の普及により、専門的な知識やスキルがなくても、誰でも簡単に行えます。

クラウド上にあるソフトウェアをインターネット経由で利用できるサービスのこと。代表的なサービスには、ビジネスチャット、Web会議システム、プロジェクト・タスク管理などがあります。

さすけ

Webサイトの制作は、専門的な知識やスキルがなくても、誰でも簡単に行うことができるようになりました!

WebサイトやWebサービスの制作の簡素化や標準化が進むと、Webディレクターの必要性が低下する可能性があるといわれています。

理由3:Webスキルや経験が不足するWebディレクターが増えている

Webディレクターとしてのスキルや経験が不足するWebディレクターが増えているのも、Webディレクターがいなくなるとされる理由の1つです。

Webディレクターは、クライアントの課題を理解し、解決策を提案する力、制作チームをまとめたりなど、さまざまなスキルや経験が求められます。

近年は、Webディレクターを目指す人がスキルや経験を身につける機会が十分に提供されていないという問題があります。

Webディレクターは、Webサイト・サービスの成功を左右する重要な役割を担っています。

さすけ

Webディレクターとしてのスキルや経験を磨き続け、クライアントの課題を解決する力を発揮することが求められています!

Webディレクターのなり方について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webディレクターがいなくなるとどうなる?

転職サービス_素材20

Webディレクターがいなくなった場合、WebサイトやWebサービスの制作や運営において、以下の問題が発生する可能性があります。

Webディレクターがいなくなるデメリット
  1. Web技術やトレンドを把握できないまま制作が進んでしまう
  2. 課題を正しく理解できず、適切な解決策を提案できない
  3. 制作チームをまとめ、プロジェクトを成功に導くことができない

Webディレクターがいなくなった場合、WebサイトやWebサービスの品質や競争力が低下する可能性があります。

さすけ

順番にご紹介します!

デメリット1:Web技術やトレンドを把握できないまま制作が進んでしまう

WebサイトやWebサービスは、常に新しい技術やトレンドが登場しています。

そのため、最新のWeb技術やトレンドを把握し、それらを活用したWebサイトやWebサービスを制作することが求められます。

AIや自動化という技術は、あくまで制作工程を短くしたり、制作物を生み出したりする道具でしかないのです。

現状ではWeb技術やトレンド自体をアウトプットすることは難しいのです。

Webディレクターがいなくなった場合、Web技術やトレンドを把握したWebサイト・サービスを制作することが難しくなります。

さすけ

最新のWeb技術やトレンドを常に把握し、Webサイト・サービスを制作することが重要です!

最新のWeb技術やトレンドを活用したWebサイト・サービスの制作プロジェクトに参加して能力を伸ばしましょう。

デメリット2:課題を正しく理解できず、適切な解決策を提案できない

注意点 汎用

Webディレクターがいなくなった場合、課題を正しく理解したり、適切に施策を提案できなかったり、Webサイトのアクセス数を増やすことが難しくなる可能性があります。

Webディレクターは、クライアントの立場に立って考えることで、クライアントのニーズを正しく理解できます。

また、制作側の立場に立つことで、制作物のクオリティや納期、予算などを把握して対応することができます。

例えば、「Webサイトのアクセス数を増やしたい」という課題の場合、Webサイトのデザインやコンテンツの改善、SEO対策などを総合的に提案します。

さすけ

Webディレクターはただ制作の進行をしているだけではないんです!

Webディレクターは、最新の技術が出る度に業務の配分が変わるだけで、存在自体は否定されにくい珍しい業種となっています。

デメリット3:制作チームをまとめ、プロジェクトを成功に導くことができない

Webディレクターは、WebサイトやWebサービスの制作プロジェクトを進行管理する役割を担っています。

そのため、制作チームをまとめ、プロジェクトを成功に導くリーダーシップが求められます。

しかし、Webディレクターがいなくなった場合、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • プロジェクトが遅延する
  • プロジェクトが失敗する
  • プロジェクトが予算オーバーする

Webディレクターがいなくなった場合、メンバーのスキルや経験を把握することができなかったり間接的なデメリットもあります。

さすけ

制作メンバーのモチベーションを高め、リーダーシップを発揮しましょう!

制作チームをまとめ、プロジェクトを成功に導くためのスキルや経験を身につけることが重要です。

Webディレクターに必要な知識について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webディレクターがいなくならない3つの理由

転職サービス_素材28

Webディレクターがいなくならない理由というものが明確にあります。

Webディレクターの将来性は明るいと考えられており、その理由は以下のとおりです。

Webディレクターがいなくならない理由
  1. AIや自動化に置き換えにくい要素がある
  2. Webサイト・サービスの制作が複雑化している
  3. Webサイト・サービスの需要は今後も高まると予想される

これらの理由から、Webディレクターの将来性は明るいと考えられます。

Webディレクターとして活躍するためには、常に最新のWeb技術やトレンドを把握し、スキルや経験を磨き続けることが重要です。

さすけ

順番にご紹介します!

理由1:AIや自動化に置き換えにくい要素がある

AIや自動化技術の進展により、WebサイトやWebサービスの制作業務の一部は自動化される可能性があります。

しかし、クライアントの課題を理解し、解決策を提案する力など、AIや自動化技術に代替されにくい要素も有しています。

その要素としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 最新のWeb技術やトレンドを把握する力
  • クライアントの課題を理解し、解決策を提案する力
  • 制作チームをまとめ、プロジェクトを成功に導くリーダーシップ
さすけ

これらの要素は、AIや自動化技術では代替することが難しいです!

Webディレクターは、AIや自動化技術の進展に対応しつつ、これらの要素を磨き続けることが重要です。

理由2:Webサイト・サービスの制作が複雑化している

ネットビジネス_01

WebサイトやWebサービスは、単なる情報発信の手段ではなく、ビジネスの成功を左右する重要なツールとなっています。

そのため、WebサイトやWebサービスの制作は、より複雑化・高度化しています。

Webサイト・サービスの制作が複雑化している理由は、以下のとおりです。

  • ユーザーのニーズが多様化している
  • Webサイト・サービスの役割が変化している
  • 技術の進歩により、Webサイト・サービスの機能が高度化している

Webサイト・サービスは、情報発信の手段ではなく、ビジネスの成功を左右する重要なツールとなっています。

さすけ

Webサイト・サービスの制作には、これまで以上にクリエイティブな能力が求められています!

Webサイト・サービスの制作の際にはこれらの要素をすべて考慮する必要があり、だからこそWebディレクターが必要なのです。

理由3:Webサイト・サービスの需要は今後も高まると予想される

WebサイトやWebサービスは、ビジネスや生活において欠かせない存在となっています。

Webサイト・サービスの需要は今後も高まると予想されます。その理由は、以下のとおりです。

  • デジタル化の進展
  • 新しい技術やサービスの登場
  • インターネットの普及と利用者の増加

AIブロックチェーン5Gなどの新しい技術やサービスの登場により、Webサイト・サービスの可能性はさらに広がっています。

今後も、Webサイト・サービスを活用したビジネスやサービスが増えていくことが予想されます。

Webディレクターが目指せる転職サービスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Webディレクターが身につけたいスキルは15つ

Webディレクター_素材05

Webディレクターが生き残るためには、以下のスキルを身につけることが重要です。

今回ご紹介するWebディレクタースキルはこちらの15つです。

Webディレクターが身につけたいスキル15選!
  1. コミュニケーションスキル
  2. マネジメントスキル
  3. リーダーシップスキル
  4. Webデザインに関するスキル
  5. UI/UXに関するスキル
  6. プログラミング言語に関するスキル
  7. 進行管理スキル
  8. 課題抽出スキル
  9. Webマーケティングスキル
  10. 広告・PR運営スキル
  11. 企画力スキル
  12. ドキュメント作成スキル
  13. プレゼンテーションスキル
  14. 情報収集スキル
  15. 情報選別スキル
さすけ

あなたの足りないスキルを理解し、身に付けたスキルを伸ばしていくことで、Webディレクターとしての活躍のチャンスを広げていきましょう!

Webディレクターのスキルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

そもそもWebディレクターの仕事内容とは?

Webディレクター_素材02

Webディレクターの仕事は、Webサイトの企画・制作・運用を統括する、いわばWeb制作の総指揮官です。

Webディレクターの主な仕事内容はこちらの4つです。

Webディレクターの主な仕事内容
  1. Webサイトの市場調査・業界分析
  2. Webサイトの要件定義・設計
  3. Webサイトのプロジェクト進行管理
  4. Webサイトの運用・改善

Webディレクターとして、クライアントの要望をヒアリングし、Webサイトの目的やターゲットを明確にします。

WebエンジニアWebデザイナーWebライターなどの制作チームをまとめ、Webサイトを完成させます。

さすけ

順番にご紹介します!

仕事内容1:Webサイトの市場調査・業界分析

転職サービス_素材31

Webディレクターの市場調査・業界分析とは、市場や業界に関する情報を収集・分析する活動です。

ターゲットユーザー競合他社業界のトレンドなどの情報を収集・分析して、Webサイトの目的やターゲット、機能・コンテンツなどを決める必要があります。

クライアントの市場調査・業界分析を行う目的は大きく分けて3つです。

  • ユーザーのニーズやトレンドを把握する:ユーザーに求められる商品やサービスを提供することができます。
  • 競合他社の動向を把握する:クライアントの強みや弱みを客観的に把握することができます。
  • 市場の成長性やトレンドを把握する:クライアントの市場の将来性を判断することができます。

市場調査・業界分析をしっかり行うことで、Webサイトの目的やターゲット、機能・コンテンツなどをより効果的に決めることができます。

Webディレクターの市場調査・業界分析について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

仕事内容2:Webサイトの要件定義・設計

人に恵まれていた

クライアントから、Webサイトの目的や目標、盛り込む要素などに関する要望を聞き、すり合わせを行います。

その後、具体的な方向性を定めてサイト設計を構築していきます。

要件定義をきちんと行うことで、Webサイトの目的を達成し、ユーザーに満足してもらえるサイトを制作することができます。

Webサイトの要件定義を行う際には、以下のような項目を検討する必要があります。

  • 目的:Webサイトを制作する目的は何ですか?
  • ターゲットユーザー:Webサイトのターゲットユーザーは誰ですか?
  • 機能:Webサイトに必要な機能は何ですか?
  • コンテンツ:Webサイトに掲載するコンテンツは何ですか?
  • デザイン:Webサイトのデザインはどのようになっていますか?
  • スケジュール:Webサイトの制作スケジュールはどのようになっていますか?
  • 予算:Webサイトの制作予算はいくらですか?

要件定義を行った後は、設計図を作成します。

設計図には、Webサイトのレイアウトコンテンツの配置画像や動画の使用方法などを記載します。

設計図を作成することで、Webサイトの制作がスムーズに進むようになります。

要件定義と設計をきちんと行うことで、Webサイトの目的を達成し、ユーザーに満足してもらえるサイトを制作することができます。

Webディレクターが行う要件定義について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

仕事内容3:Webサイトのプロジェクト進行管理

転職サービス_素材04

進行管理とは、Webサイトなどの制作物が完成するまでの作業を予定通りに進めていくことです。

プロジェクトを達成するまでに、誰がどのようなタスクを行うかを決めるスケジュール作成と、作業ごとの進捗状況を確認しプロジェクトを進めるスケジュール管理があります。

Webサイトの定義や設計が確定した後は、実際にプロジェクトを進めていきます。プロジェクト進行中は、常に進捗を確認しスケジュールや人員のコスト管理を行います。

Webディレクターの進行管理について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

仕事内容4:Webサイトの運用・改善

転職サービス_素材30

Webサイトがリリースされた後は運用業務を行います。

アクセス数が想定より伸び悩んでいる場合はその原因を突き止め、より効果的なWebサイト構築を目指します。

Webサイトの運用・改善には、以下のような項目があります。

  • コンテンツの更新頻度を高める:コンテンツの更新頻度を高めることで、ユーザーの興味を喚起し、Webサイトに訪れる回数を増やすことができます。
  • ユーザーのニーズを把握する:ユーザーのニーズを把握することで、ユーザーにとって有益なコンテンツを制作することができます。
  • コンテンツの質を高める:コンテンツの質を高めることで、ユーザーの満足度を向上させることができます。
  • アクセス解析を活用する:アクセス解析を活用することで、ユーザーの行動を把握し、Webサイトの改善に役立てることができます。
  • SEO対策を行う:SEO対策を行うことで、Webサイトを検索エンジンの上位に表示させることができます。
  • 広告を掲載する:広告を掲載することで、Webサイトへのアクセスを促進することができます。

Webサイトの運用・改善は、継続的に行うことで効果を発揮します。

Webサイトを効果的に活用するためには、運用・改善を意識して取り組むことが大切です。

Webサイトの運用・改善について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい!

Webディレクターについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

未経験からWebディレクターへ転職するおすすめサービス

転職サービス_素材01

未経験からIT・Web業界で働きたい方必見のおすすめの転職サービスはこちらの7つです。

IT・Web業界を目指すおすすめの転職サービス
  1. ビズリーチ:希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
  2. リクルートエージェント:安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
  3. doda(デューダ):希望に合った転職・求人・仕事探しにおすすめ
  4. マイナビエージェント:20代・未経験でのキャリアチェンジにおすすめ
  5. Geekly(ギークリー):Web業界のクリエイター・デザイナー転職におすすめ
  6. Webist(ウェビスト):クリエイター理想の転職したい人におすすめ
  7. Freeks Career(フリークス):未経験からプログラミング転職したい人におすすめ

転職活動は「3ヵ月~6カ月」がかかるといわれています。

意外と時間がかかるって思いませんでしたか?

さすけ

もっと早く登録しておけばよかったです……。

Web業界への転職で迷っているなら、とりあえずでいいので、転職サービスや転職エージェントに登録しましょう。

未経験からWeb業界を目指すおすすめ転職サービスはこちらをご覧ください。

スクロールできます
【広告】 ビズリーチ_01
ビズリーチ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
doda
デューダ(doda)
マイナビエージェント
マイナビエージェント
Geekly
ギークリー(Geekly)
ウェビスト(Webist)
ウェビスト(Webist)
Freeks雰囲気
フリークス(Freeks Career)
おすすめ度
総求人数210,000件以上350,000件以上200,000件以上非公開18,000件以上非公開非公開
非公開求人数非公開非公開35,000件以上非公開非公開非公開非公開
転職サービス分類ダイレクトリクルーティング転職エージェント転職サイト、転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント
対応職種全職種対応全職種対応全職種対応全職種対応IT・Web業界IT・Web業界IT・プログラミング
対応地域全国全国全国全国全国全国全国
利用料金無料無料無料無料無料無料無料
条件検索
身バレ防止
公式サイト無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録

【広告】未経験からIT・Web業界が目指せる転職サービスおすすめ3選!

まとめ:Webディレクターはなくならない可能性が高そう!

今回は、Webディレクターがいなくなるとされる理由についてご紹介しました!

Webディレクターがいなくならない理由はこちらの3つです。

Webディレクターがいなくならない理由
  1. AIや自動化に置き換えにくい要素がある
  2. Webサイト・サービスの制作が複雑化している
  3. Webサイト・サービスの需要は今後も高まると予想される

Webディレクターの仕事は確かに、AIや自動化の進展により変化や脅威にさらされています。

しかし、スキルや経験を磨き続け、クライアントの課題を解決する力を発揮することができれば、活躍し続けることができるでしょう。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ビズリーチ_01
出展:ビズリーチ

\転職への漠然とした悩み、ビズリーチで解決できます!/

  • スマートにキャリアアップを実現させたい
  • 希少な高年収職に出会うチャンスを掴みたい
  • ヘッドハンターによる転職サポートを受けたい

登録後、あなたに届く求人・オファーを確認して、今の市場価値をチェックしましょう。

ビズリーチで、これからのキャリアの可能性を広げてみませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Webディレクターは今後どうなる?いなくなるとされる理由・いなくならない理由について解説_01

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

目次