MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Web制作の要件定義とは?目的・項目・手順について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Web制作の要件定義とは?目的・項目・手順について解説_02
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)
悩んでいる人

要件定義について詳しく知りたい!

悩んでいる人

そもそもどんな内容なのか分からない…。

このような悩みに答えます。

要件定義とは…

Web制作やシステム開発などのプロジェクトがスタートする際に、開発担当者や関係スタッフが知っておくべき情報をわかりやすくまとめる作業のこと。

要件定義は、Webディレクターにとって最も重要なフェーズの一つです。

しっかりと要件定義をすることで、プロジェクトの成功率を高め、トラブルを防ぐことができます。

さすけ

要件定義がしっかりできていないと、後々になってトラブルが発生したり、プロジェクトが遅延したりするリスクが高まります……。

この記事をよめば、要件定義の抑えておきたい項目要件定義の具体的な手順、要件定義の注意点などがわかります。

本記事はこんな方におすすめです!
  • これからWeb業界で働きたい
  • Webディレクターの仕事に役立てたい
  • Web制作に関する知識やスキルを身につけたい

今回は、Webディレクターの要件定義についてご紹介します。

未経験からWebディレクターへの転職を目指している方は、知識や理解を深めて転職に向けて準備しましょう。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Web制作の要件定義の目的とは?

転職サービス_素材04

要件定義とは、開発担当者や関係スタッフが知っておくべき情報をわかりやすくまとめる作業です。

顧客とのコンセプトや機能、納期や予望などの要望や条件をすり合わせ、要件定義書などのドキュメントに落とし込みます。

要件定義を行うタイミングは、クライアントに提案した戦略設計・サイトマップが承認後、実制作がスタートする前が望ましいとされています。

さすけ

Webサイトの目的を達成し、ユーザーに満足してもらえるサイト制作ができます!

Webディレクターが行う要件定義の目的は、以下の3つが挙げられます。

要件定義の目的
  1. クライアントの要望を明確にする
  2. 目標を達成するための具体的な内容を決める
  3. プロジェクトの円滑な進行と制作物の品質の向上
さすけ

順番にご紹介します!

目的1:クライアントの要望を明確にする

要件定義の第一の目的は、クライアントの要望を明確にすることです。

クライアントが何を実現したいのかどのような機能や性能を求めているかを正確に把握する必要があります。

要件定義が不十分だと、後々になって追加の要望や仕様変更が発生するなど、プロジェクトの遅延やコスト増加につながる可能性があります。

目的2:目標を達成するための具体的な内容を決める

チェック_01

要件定義の第二の目的は、プロジェクトの目標を達成するための具体的な内容を定めることです。

要件定義によって、プロジェクトの目的達成するための方法が明確になります。

プロジェクトの目的やターゲットユーザー、機能やコンテンツ、今回のデザイン、制作スケジュール、予算などを決めていきます。

また制作後の保守・運用といった将来的な面についても、事前に決めておくことが重要です。

目的3:プロジェクトの円滑な進行と制作物の品質の向上

要件定義の第三の目的は、プロジェクトの円滑な進行と成果物の品質を向上させることです。

要件定義によって、プロジェクトの参加者全員が同じ認識を持ち、プロジェクトをスムーズに進めることができます。

要件定義を進める上で重要なことは、要件定義書をクライアントと合意した上で進めたり、実現可能性やコストなどの制約を踏まえて要件を定義することです。

要件定義をしっかりと行うことで、プロジェクトの円滑な進行と制作物の品質を向上させることができます。

Webディレクターについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Web制作の要件定義の項目は7つ

転職サービス_素材20

Web制作の要件定義を行う際には、以下のような項目を検討する必要があります。

Web制作の要件定義の項目
  1. 目的:Webサイトを制作する目的は何ですか?
  2. ターゲットユーザー:Webサイトのターゲットユーザーは誰ですか?
  3. 機能:Webサイトに必要な機能は何ですか?
  4. コンテンツ:Webサイトに掲載するコンテンツは何ですか?
  5. デザイン:Webサイトのデザインはどのようになっていますか?
  6. スケジュール:Webサイトの制作スケジュールはどのようになっていますか?
  7. 予算:Webサイトの制作予算はいくらですか?
さすけ

順番にご紹介します!

項目1:目的

Web制作の目的は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  • 情報発信
    • 商品やサービスの紹介
    • 企業や団体の紹介
    • ニュースやブログの運営
  • 販売促進
    • 商品やサービスの販売
    • 資料請求の促進
    • 会員登録の促進
  • 顧客サポート
    • 製品やサービスの使い方に関する説明
    • お問い合わせ対応

Web制作の目的、現状の課題や要望、商材やサービスの強みや独自性、クライアントを取り巻く市場状況や業界の慣習、競合についてまとめます。

製作側に、クライアントや、訴求する商品・サービス、業界のことなどを伝えるよいでしょう。

項目2:ターゲットユーザー

ヘッドハンター_01

Web制作のターゲットユーザーとは、Webサービスを利用する想定される人々です。

ターゲットユーザーを明確にすることで、Webサービスのコンテンツやデザインを最適化することができます。

ターゲットユーザーを検討する要素は大きく分けてこちらの5つです。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 興味関心
  • 課題

クライアントがとくに出会いたいユーザーや、これから獲得したいユーザーなど、訴求商材とマッチする見込み客・ターゲット層は誰なのかの設定します。

項目3:機能

Webサービスに必要な機能は、Webサービスの目的やターゲットユーザーによって異なります。

一般的に必要な機能としては、以下のようなものが挙げられます。

  • トップページ:サイト全体の概要や目的を示します。
  • お問い合わせフォーム:ユーザーからのお問い合わせに対応します。
  • 会員登録機能:ユーザーにログインしてもらいます。
  • 商品・サービス紹介ページ:商品やサービスの詳細情報を提供します。
  • ニュース・ブログページ:最新の情報を提供します。

アコーディオンメニュー、モーダルウィンドウや、ページネーションなど、機能を達成するための詳細について考えておく必要があります。

さすけ

制作側と連携し、機能を満たした最新かつ予算内での最適な方法を検討しましょう!

項目4:コンテンツ

ネットビジネス_01

Webサービスに掲載するコンテンツは、Webサービスの目的やターゲットユーザーに合わせて作成する必要があります。

一般的に掲載するコンテンツとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • テキスト
    • 商品やサービスの説明
    • ニュースやブログ記事
  • 画像
    • 商品やサービスのイメージ
    • ニュースやブログ記事の補足
  • 動画
    • 商品やサービスの紹介
    • ニュースやブログ記事の解説

コンテンツの内容は、クライアントの要望やターゲットユーザーに合わせて検討します。

コンテンツの量は、クライアントの予算やスケジュールに合わせて調整しましょう。

項目5:デザイン

Webサービスのデザインは、Webサービスの目的やターゲットユーザーに合わせて作成する必要があります。

デザインを検討すべき要素はこちらの4つです。

  • :サイト全体の統一感を出します。
  • フォント:読みやすさや視認性を考慮する
  • レイアウト:コンテンツが分かりやすく表示します。
  • イメージ:ターゲットユーザーに好まれるデザインにします。

ターゲットユーザーやサイトのテーマ(コンセプト)、商材の特徴、クライアントの要望やブランドイメージなど、希望するデザインの方向性を記載します。

さすけ

参考のWebサイトやデザイン資料などを用意すると、イメージを共有しやすいです!

項目6:スケジュール

スケジュール_01

Webサービスの制作スケジュールは、Webサイトの規模や内容によって異なります。

一般的には、以下のこちらの5ステップで進められます。

  1. 要件定義:クライアントの要望を明確にします。
  2. デザイン:Webサイトのデザインを決定します。
  3. 実装:デザインをベースにWebサイトを開発します。
  4. テスト:動作や表示を確認します。
  5. リリース:Webサイトを公開します。

基本情報として、制作物の納品日、テストアップ予定日、制作予算などを記載します。

さすけ

スケジュール未定の場合は、WBSを引き直したり、制作の作業日だけは確定させましょう!

項目7:予算

Webサービスの制作予算は、規模や内容によって異なります。

一般的には、以下の4つの要素で予算を算出します。

  • デザインやクオリティ
  • 実装機能やコンテンツの種類
  • テストの種類や回数
  • サーバー・ドメイン費用

Webサービスの各デバイスが定めているバージョンは対象内とすべきです。

特に、Webディレクターは、状況によって対応範囲を狭めることを判断しなくてはいけません。

さすけ

自社サーバーを使用するのか、業者から借りるレンタルサーバーを利用するのかなど事前に決める必要があります!

サイト規模や実装したい機能によってクライアントとよく相談しておきましょう。

Web制作の要件定義の手順6ステップ

Webサイトの要件定義の手順6ステップ

Web制作の要件定義は、以下の6ステップで進めるのがおすすめです。

Web制作の要件定義の手順
  1. クライアントの要望や課題を理解する
  2. 実現可能性やコストなどの制約を把握する
  3. ヒアリング結果をまとめ、要件定義書を作成する
  4. 要件定義書の内容でクライアントと合意する
  5. 具体的な内容を決めた仕様書を作成する
  6. 仕様書をデザイナーやエンジニアと共有する
さすけ

順番にご紹介します!

STEP1:クライアントの要望や課題を理解する

Webサイトの要件定義の手順6ステップ_01

クライアントと直接会って、要望や課題をヒアリングします。

ヒアリングでは、以下の点を明らかにします。

  • クライアントが実現したいこと
  • クライアントが抱えている課題
  • クライアントの予算やスケジュール

Webサイトの目的、現状の課題や要望、商材やサービスの強みや独自性、クライアントを取り巻く市場状況や業界の慣習、競合についてまとめます。

さすけ

クライアントは必ずしもWebサイトの専門家ではありません!

詳細な質問ばかりで不快に思われず、必要な要素を漏れなくヒアリングすることを心がけましょう。

STEP2:実現可能性やコストなどの制約を把握する

Webサイトの要件定義の手順6ステップ_02

ヒアリングの結果を踏まえて、実現可能性やコストなどの制約を把握します。

この過程では、クライアントの与件に対して、制作側のリソース(費用・時間・人材等)で実現できることを明確にします。

要件とリソースの関係をあいまいにしてしまうと、納期が遅れたり、要望通りの制作物が完成しなかったりといった問題が生じる原因になります。

さすけ

実現不可能なものやコストがかかりすぎるものは、要件として定めないようにしましょう!

STEP3:ヒアリング結果をまとめ、要件を定義する

Webサイトの要件定義の手順6ステップ_03

ヒアリング結果をまとめ、要件を定義します。

要件定義書には、以下の内容を記載します。

  • 目的
  • ターゲットユーザー
  • 機能
  • コンテンツ
  • デザイン
  • スケジュール
  • 予算

要件定義を文書化しておくことで情報を参照で、建設的に調整・議論ができます。

Web制作において、トラブルの原因となるのは、要望の変更や追加、期間や予算オーバーなどです。

ヒアリング内容を議事録で残すなど、クライアントとのやりとりの証跡を残すようにしましょう。

STEP4:要件定義書の内容でクライアントと合意する

Webサイトの要件定義の手順6ステップ_04

要件定義書をクライアントと合意します。

要件定義書の内容をクライアントにしっかりと説明し、理解してもらいます。

さすけ

合意することで、要件定義書の内容に誤解や認識のズレがないかを確認することができます!

クライアントの承諾をもらうために、要件定義書に署名や捺印を求めます。

STEP5:具体的な内容を決めた仕様書を作成する

Webサイトの要件定義の手順6ステップ_05

要件定義書の内容を踏まえて、仕様書を作成します。

プロジェクトの要点や業務フローなどを記載した資料のこと。

仕様書には、以下の内容を記載します。

  • プロジェクト概要
  • 実装機能
  • スケジュール表
  • サイトマップ
  • ワイヤーフレーム
  • 対象のブラウザ
  • サーバー要件

要件定義書の内容を実現するために必要な技術や機能を明確に記載します。

テスト・検証項目を具体的に記載して、制作物の品質を担保できるようにします。

STEP6:仕様書をデザイナーやエンジニアと共有する

Webサイトの要件定義の手順6ステップ_06

仕様書を制作側のデザイナーやエンジニアと共有します。

仕様書の内容をデザイナーやエンジニアに説明し、しっかりと理解してもらいます。

さすけ

Webディレクターとして、デザイナーやエンジニアからの質問や要望に丁寧に対応しましょう!

仕様書をデザイナーやエンジニアと共有できたら、開発やデザインの作業を開始しましょう。

Web制作の要件定義は、Webスクールでしっかり学ぼう!

転職 フレームワーク

Web業界で活躍するための知識・スキルを独学ですべて学ぶのは困難です。

そこで、Webスクールを利用し、効果的に学ぶのがおすすめです。

Web知識・スキルが体系的に学べるおすすめのWebスクールはこちらの7つです。

おすすめのWebスクール
  1. DeBo(ディーボ):現役のWebディレクターによる講義が受けたい方おすすめ
  2. TechAcademy(テックアカデミー)最短4週間で受講できる独自カリキュラム
  3. インターネット・アカデミー:現役のWebディレクターによる講義が受けたい方おすすめ
  4. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG:未経験からWeb業界を目指せる
  5. ヒューマンアカデミー:オンライン学習とリアル授業で未経験からWeb業界へ
  6. デジハリONLINE:Web業界に必要な知識をバランスよく学べる
  7. SHElikes(シーライクス):私らしい働き方に出会える女性向けキャリアスクール

Webスクールに通うこと自体が評価対象になることがあるため、転職にも有利になります。

さすけ

Webスクールだとそれなりに基礎が身に付いていて、同じ未経験でもスタートラインが違います!

転職支援が手厚いWebスクールも多くあるため、あなたに合うWebスクールを探してみましょう。

転職未経験からWeb業界を目指す・活躍できるおすすめのWebスクールはこちらをご覧ください。

スクロールできます
【広告】DeBoDeBo(ディーボ)TechAcademy
TechAcademy(テックアカデミー)
INTERNET ACADEMY
インターネット・アカデミー
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
デジハリONLINE
デジハリONLINE
SHElikes
SHElikes(シーライクス)
おすすめ度
受講期間講座の種類による4週間・8週間・12週間・16週間最長1年4週間・8週間・12週間・16週間6カ月・12カ月2カ月最短1カ月~
受講スタイルオンラインオンラインオンラインオンライン・通学オンライン・リアル授業オンラインオンライン
おすすめコースWEBディレクター養成基本講座WebディレクションコースWebディレクターコースWebデザイナー専攻WebデザイナーコースWebディレクター講座ディレクターコース
転職サポートありありありありありありあり
支払い方法クレジットカード払い、コンビニ決済、銀行振込クレジットカード払い、コンビニ決済、銀行振込お振込み、クレジット払い、デビット払い、教育ローンクレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済、教育ローンクレジットカード払い、教育ローン、現金クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済、教育ローンクレジットカード払い、銀行振込
対応地域全国全国全国全国全国全国全国
公式サイト無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録

Webスクールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:Web人材として要件定義をしっかり行おう!

今回は、Web制作の要件定義についてご紹介しました。

Webサービスの要件定義の項目はこちらの7つです。

Webサービスの要件定義の項目
  1. 目的:Webサイトを制作する目的は何ですか?
  2. ターゲットユーザー:Webサイトのターゲットユーザーは誰ですか?
  3. 機能:Webサイトに必要な機能は何ですか?
  4. コンテンツ:Webサイトに掲載するコンテンツは何ですか?
  5. デザイン:Webサイトのデザインはどのようになっていますか?
  6. スケジュール:Webサイトの制作スケジュールはどのようになっていますか?
  7. 予算:Webサイトの制作予算はいくらですか?

要件定義は、Webサイト・アプリを開発する際に欠かせないプロセスです。

要件定義をしっかりと行うことで、プロジェクトの成功率を高めることができます。早いうちからスキルとして身に付けましょう。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ビズリーチ_01
出展:ビズリーチ

\転職への漠然とした悩み、ビズリーチで解決できます!/

  • スマートにキャリアアップを実現させたい
  • 希少な高年収職に出会うチャンスを掴みたい
  • ヘッドハンターによる転職サポートを受けたい

登録後、あなたに届く求人・オファーを確認して、今の市場価値をチェックしましょう。

ビズリーチで、これからのキャリアの可能性を広げてみませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Web制作の要件定義とは?目的・項目・手順について解説_02

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

目次