MENU
さすけ
Webディレクター
Twitterフォロワー:700人↑/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職経験あり/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト
転職ロードマップ
ロードマップ カテゴリー_00_4
ロードマップ カテゴリー_01_5
ロードマップ カテゴリー_02_5
ロードマップ カテゴリー_03_4
ロードマップ カテゴリー_04_4
ロードマップ カテゴリー_05_4
ロードマップ カテゴリー_06_4
ロードマップ カテゴリー_07_4
当サイトの使用テーマ

Web制作の市場調査・業界分析とは?目的・手順・注意点について解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
Web制作の市場調査・業界分析とは?目的・手順・注意点について解説_01
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)
悩んでいる人

Web制作の市場調査・業界分析について知りたい!

この記事では、このような悩みに答えます。

Web制作における市場調査・業界分析は、クライアントへのヒアリングを行うための大切な業務のひとつです。

さすけ

私も、上司にWebサイトの分析してこいといわれ、結局なにから調べれば良いのか分からないと悩んでました……。

この記事を読めば、特にWebディレクターが抑えておきたい、市場調査・業界分析の方法・手順・注意点などがわかります。

まずは、市場調査・業界分析を行う目的から理解し、分析の手順を習得していきましょう。

本記事はこんな方におすすめです!
  1. 市場調査・業界分析の知識やスキルをアップデートしたい
  2. Web業界での新規事業やサービス開発に携わっていきたい
  3. Webディレクターとしてのキャリアをスタートさせたい

今回は、Web制作の市場調査・業界分析についてご紹介します。

さすけ

ぜひ最後までご覧ください!

本記事の信頼性

本記事の信頼性

プロフィールについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください!

目次

Web制作の市場調査・業界分析とは?

転職サービス_素材31


Web制作の市場調査・業界分析とは、市場や業界に関する情報を収集・分析する活動です。

ターゲットユーザー競合他社業界のトレンドなどの情報を収集・分析して、Webサイトの目的やターゲット、機能・コンテンツなどを決める必要があります。

クライアントの市場調査・業界分析を行う目的は大きく分けて3つです。

市場調査・業界分析の目的
  1. ユーザーのニーズやトレンドを把握する:ユーザーに求められる商品やサービスを提供することができます。
  2. 競合他社の動向を把握する:クライアントの強みや弱みを客観的に把握することができます。
  3. 市場の成長性やトレンドを把握する:クライアントの市場の将来性を判断することができます。

市場調査・業界分析をしっかり行うことで、Webサイトの目的やターゲット、機能・コンテンツなどをより効果的に決めることができます。

さすけ

ユーザーのニーズやトレンド、競合他社の動向、市場の状況を把握し、効果的なWebディレクションを行いましょう!

市場調査・業界分析には、しっかりとした材料集めが必要です。

Webディレクターが市場調査・業界分析を行う際には、以下の方法があります。

市場調査・業界分析の方法
  1. 調査会社が実施した調査結果を利用する
  2. 政府や民間団体が公開している統計データを利用する
  3. 調査方法を組み合わせて自前で調査を行う

それぞれの方法のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

方法メリットデメリット
調査会社が実施した調査結果を利用する手軽に調査を行うことができる調査結果の信頼性が低い可能性がある
政府や民間団体が公開している統計データを利用する客観的なデータが得られる最新の情報が得られない可能性がある
自前で調査を行う詳細な情報を得ることができる調査に時間と費用がかかる

市場調査・業界分析を行う際には、目的や予算、期間などを考慮して、適切な方法を選択することが重要です。

Webディレクターについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

Web制作の市場調査・業界分析の手順

転職サービス_素材28

Webディレクターが行う市場調査・業界分析は、Web制作をスタートさせる前の準備として必要不可欠です。

市場調査・業界分析の進め方は、以下の手順で行います。

市場調査・業界分析の進め方
  1. 調査の目的とターゲットを明確にする
  2. 調査方法と調査項目を決める
  3. 実際に調査を行う
  4. 調査結果を分析・活用する
さすけ

順番にご紹介します!

STEP1:調査の目的とターゲットを明確にする

調査を行う前に、まず調査の目的とターゲットを明確にする必要があります。

調査によって何を達成したいのかということ。

調査対象となる人々や組織のこと。

調査の目的を明確にする際には、以下の点に注意します。

  • 調査によって何を達成したいのかを明確にする
  • 調査によって得たい情報を明確にする
  • 調査によって達成したい目標を明確にする

調査の計画や概要は、はじめに「なぜ」、「何のため」に調査を行うのかを明確にします。

調査の目的が明確になっていないと、調査方法や調査項目を適切に選択することができません。

また、調査のターゲットが明確になっていないと、調査結果の分析や活用が難しくなります。

さすけ

調査の目的をはっきりさせて、効率よく市場調査・業界分析を進めるようにしましょう!

STEP2:調査方法と調査項目を決める

目的が決まったら、次は調査計画の立案です。ここでは、どのような方法で調査を行うかを決めていきます。

調査方法と調査項目の例としては、以下のようなものが挙げられます。

調査方法調査項目
アンケート調査性別、年齢、居住地、職業、興味関心、商品やサービスの利用状況、購買意向など
インタビュー調査商品やサービスの利用経験や感想、競合他社に対する評価、今後のニーズなど
フィールド調査店舗の雰囲気や商品の陳列状況、顧客の行動など
実験調査新商品のデザインや価格に対する評価、マーケティング施策の効果など
さすけ

調査方法と調査項目は、調査の目的とターゲットに合わせて適切に決めることが重要です!

方法だけでなく、いつまでに市場調査・業界分析を完了させるかといった期限を設定することも大切です。

STEP3:実際に調査を行う

調査方法に応じて、調査を実施します。

アンケート調査を行う場合は、アンケート用紙を作成して回答を収集します。

インタビュー調査を行う場合は、インタビュー対象者を選定してインタビューを行います。

市場調査においてとくに時間のかかる部分ですが、この情報収集こそが市場調査の質を左右するものです。

さすけ

できる限りの時間をかけて、必要な情報を集めるようにしましょう!

場合によっては、外部の専門業者に委託することもあります。

STEP4:調査結果を分析・活用する

調査結果の分析には、統計的手法を用いることができます。

十分に情報収集ができたら精査と分析を行い、その結果に基づいてレポートを作成します。

調査結果を分析する際には、以下の点に注意します。

  • 調査結果の傾向やパターンを把握する
  • 調査結果から得られる知見を整理する
  • 調査結果を施策や経営戦略に反映する
さすけ

統計的手法を用いることで、調査結果を客観的に分析することができます!

調査結果をまとめるのではなく、その後クライアントへの提案にどう活かすかを考えて作成することが重要です。

Web制作の市場調査・業界分析の注意点

転職サービス_素材07

市場調査・業界分析の結果を踏まえて、WebサイトやWebコンテンツの企画・制作を行います。

そのため、市場調査・業界分析を行う際には、注意点を意識して適切な調査を行うことが重要です。

Web制作の市場調査・業界分析の注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

市場調査・業界分析の注意点
  1. 調査の目的を明確にする
  2. 調査結果を客観的に分析する
  3. 調査結果をクライアントや関係者に共有する
さすけ

順番にご紹介します!

注意点1:調査の目的を明確にする

市場調査・業界分析を行う前に、まず調査の目的を明確にする必要があります。

調査の目的が明確になっていないと、調査方法や調査項目を適切に選択することができません。

調査対象を特定する際には、以下の点に注意します。

  • 調査対象となる人々や組織を明確にする
  • 調査対象となる組織の特性やニーズを把握する
  • 調査方法と調査項目を適切に選択する

調査対象を特定することで、調査結果の信頼性を高めることができます。

さすけ

目的が曖昧になると作業効率が悪くなったり、単に調査結果をまとめたりすることだけが目的となってしまうこともあります!

調査方法と調査項目は、調査の目的とターゲットに合わせて適切に選択する必要があります。

注意点2:調査結果を客観的に分析する

転職サービス_素材30

市場調査の精度は、正確性・公平性が保たれてこそ高まるものです。

結果を分析する際には、主観的な判断を避けて、客観的に分析することが重要です。

調査結果の性質や目的に合わせて、適切な統計手法を選択しましょう。

さすけ

同じテーマについて複数の調査結果を比較することで、調査結果の信頼性を高めることができます!

複数の調査結果を比較する際には、調査方法や調査対象が異なる可能性があるため、注意が必要です。

注意点3:調査結果をクライアントや関係者に共有する

調査結果の目的やターゲットが明確になっていないと、調査結果を正しく理解してもらうことができません。

調査結果をわかりやすく伝えるためには、以下の点に注意します。

  • 調査結果の概要を簡潔にまとめる
  • 調査結果の詳細を図や表を用いてわかりやすく説明する
  • 調査結果から得られる知見を具体的に示す

調査結果の共有方法には、プレゼンテーションレポート資料の配布などがあります。

さすけ

調査結果の目的やターゲットに合わせて、適切な共有方法を選択することが重要です!

調査結果を共有した後も、調査結果の理解度や活用状況を確認することが重要です。

調査結果の理解度や活用状況を確認することで、調査結果の活用を促進することができます。

市場調査・業界分析は、Webスクールで体系的に学ぼう!

転職 フレームワーク

Web業界で活躍するための知識・スキルを独学ですべて学ぶのは困難です。

そこで、Webスクールを利用し、効果的に学ぶのがおすすめです。

Web知識・スキルが体系的に学べるおすすめのWebスクールはこちらの7つです。

おすすめのWebスクール
  1. DeBo(ディーボ):現役のWebディレクターによる講義が受けたい方おすすめ
  2. TechAcademy(テックアカデミー)最短4週間で受講できる独自カリキュラム
  3. インターネット・アカデミー:現役のWebディレクターによる講義が受けたい方おすすめ
  4. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG:未経験からWeb業界を目指せる
  5. ヒューマンアカデミー:オンライン学習とリアル授業で未経験からWeb業界へ
  6. デジハリONLINE:Web業界に必要な知識をバランスよく学べる
  7. SHElikes(シーライクス):私らしい働き方に出会える女性向けキャリアスクール

Webスクールに通うこと自体が評価対象になることがあるため、転職にも有利になります。

さすけ

Webスクールだとそれなりに基礎が身に付いていて、同じ未経験でもスタートラインが違います!

転職支援が手厚いWebスクールも多くあるため、あなたに合うWebスクールを探してみましょう。

転職未経験からWeb業界を目指す・活躍できるおすすめのWebスクールはこちらをご覧ください。

スクロールできます
【広告】DeBoDeBo(ディーボ)TechAcademy
TechAcademy(テックアカデミー)
INTERNET ACADEMY
インターネット・アカデミー
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
デジハリONLINE
デジハリONLINE
SHElikes
SHElikes(シーライクス)
おすすめ度
受講期間講座の種類による4週間・8週間・12週間・16週間最長1年4週間・8週間・12週間・16週間6カ月・12カ月2カ月最短1カ月~
受講スタイルオンラインオンラインオンラインオンライン・通学オンライン・リアル授業オンラインオンライン
おすすめコースWEBディレクター養成基本講座WebディレクションコースWebディレクターコースWebデザイナー専攻WebデザイナーコースWebディレクター講座ディレクターコース
転職サポートありありありありありありあり
支払い方法クレジットカード払い、コンビニ決済、銀行振込クレジットカード払い、コンビニ決済、銀行振込お振込み、クレジット払い、デビット払い、教育ローンクレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済、教育ローンクレジットカード払い、教育ローン、現金クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済、教育ローンクレジットカード払い、銀行振込
対応地域全国全国全国全国全国全国全国
公式サイト無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録無料で簡単登録

Webスクールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

まとめ:Web制作の市場調査・業界分析でプロジェクトを成功に導こう!

今回は、Web制作の市場調査・業界分析についてご紹介しました!

市場調査・業界分析の進め方は、以下の手順で行います。

市場調査・業界分析の進め方
  1. 調査の目的とターゲットを明確にする
  2. 調査方法と調査項目を決める
  3. 実際に調査を行う
  4. 調査結果を分析・活用する

Webサイトに必要な情報を収集・分析し、Webサイトの目的やターゲット、機能・コンテンツなどを効果的に決めることができます。

ぜひ、市場調査・業界分析のスキルを身につけましょう。

【広告】転職活動はもっとシンプルに。ビズリーチで効率的な求人探しを始めよう
ビズリーチ_01
出展:ビズリーチ

\転職への漠然とした悩み、ビズリーチで解決できます!/

  • スマートにキャリアアップを実現させたい
  • 希少な高年収職に出会うチャンスを掴みたい
  • ヘッドハンターによる転職サポートを受けたい

登録後、あなたに届く求人・オファーを確認して、今の市場価値をチェックしましょう。

ビズリーチで、これからのキャリアの可能性を広げてみませんか?

\ 今すぐビズリーチでスカウトを受け取ろう/

Web制作の市場調査・業界分析とは?目的・手順・注意点について解説_01

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

【広告転職エージェントおすすめ3選

スクロールできます
ビズリーチ_ロゴ_01ビズリーチ
ハイクラス転職に特化した転職サービス!
希少・高年収な求人と出会いたい人におすすめ
公式サイトを見る >
リクルートエージェント_ロゴ_01リクルートエージェント
転職者の6割以上が利用している大手転職エージェント!
安心して大手サイトを利用したい人におすすめ
公式サイトを見る >
doda_ロゴ_01doda
求人件数全国20万件以上の転職サイト!
転職・求人・仕事探しにおすすめ
公式サイトを見る >
転職エージェントおすすめ3選(ビズリーチ、リクルートエージェント、doda)

この記事を書いた人

さすけのアバター さすけ Webディレクター&ブロガー

現役Webディレクター/Webサイト・メルマガの運用/ブログがきっかけで、異業界・異職種に転職/資格多数保有/ゼネラリスト思考/節約好き/ミニマリスト/

目次